「やれやれ。管理人にいつも振り回されるよ・・・」

 とか言いつつ、Vサターンのスイッチを入れるS氏。ダイジェストムービーを2回見てから始めるのが彼のポリシーらしい。世間様からみればなんとも下らない信念だが、PDAの研究員にはなくてはならないものだ。
 オープニングの、ツァスタバがエッジの仲間を撃つシーンを見て、突然あわててメモを取る。どうやら、以前アカデミーに送られてきたメールの返事で、管理人が「クレイメンはツァスタバが仲間を撃つところに立ち会っていない」とデタラメを書いたらしい。その後、S氏が管理人に代わり、訂正&お詫びのメールを出したことは言うまでもない。「現場に責任を押しつける」のは、PDAに限らず世の常ではある。

 初めて発掘所のドラゴンレリーフを見た感動はそこそこに、早速発掘所上空を探索。隊長の最期を看取った後で、何気なくワールドマップに移行してみたら、もうキャンプができる!早速キャンプに入り、ドラゴンに「シルフィード」と命名した。

ミッション1:渓谷
ターゲット:クルル(含上位体)、シャプリ、メラコラ、トラコラ、
      シャプリの巣、ベモス

 最初だけあって、エクセレントは容易に取れる。クルル、シャプリはレベル2で十分だが、最初の位置取りが悪いと絶対無理。メラコラたちは弱点に確実にレーザーを当てたいが、なかなか難しい。シャプリの巣は、シャプリに当たらないようにレーザーを撃っていけば楽勝。
 問題はボスのベモス。レベル5で挑む。後ろに弱点があるので、位置取りレーダーで言うと「右」か「左」に位置取り、ベモスがドラゴンの方を向くのを待つ。向いたら、ベモスの後ろに回り込んでレーザーを当てる。ある程度ダメージを与えると「怒る」ので、「下」に位置取りをして体当たりを誘う(「右」「左」は「捕食」のようだ)。気絶してる間にレーザーを撃ち込み、ベモスが目覚めたら移動せずに、もう一回体当たりを誘う。結局、体当たり2回分のダメージは受けたものの、無事エクセレントをゲット。

 ガッシュを助け、カイナスの村に行く前に、忘れないうちに「発掘所上空」に戻ってDユニット1を回収するS氏。この辺の抜け目のなさはさすがである。

ミッション2:ガリル砂漠
ターゲット:トゥプ(含上位体)、アシュティ(含上位体)、セチュラ、プーキオ、
      ズースー、ハイガ、ワムシシ(ガリル砂漠クリア後)

 トゥプとアシュティは簡単。確実を期すならヴァドで。セチュラはガッシュの言うとおり。プーキオはトゥプを伴って出てくることが多いが、プーキオの後ろの弱点を銃で撃てば終わり。ただ、どっちが前か後ろか分かりづらい。
 さてズースー。レベル6で挑戦。いつもなら最初にヴァドチップを使って弱点を露出させ、後はひたすら弱点を銃で撃つのだが、アイテム禁止なのでヴァドで代用。1ゲージ余分に使った分、灼熱の吐息を2発喰らうハメになったが、我慢して撃ち続けたらエクセレントを取れた。
 ボスのハイガ。ワームの幼生を助けることによって手に入れたハイバルカンを装備して、レベル10で臨む。攻略としては、安全地帯でゲージを溜め、前に回り込んで弱点を銃で狙う。攻撃は一度に2回にとどめると、あまり「ヤリ」を喰らうことはないと思う。「落盤」は黙って喰らう。防御形態になったら、奴の横から「アンチレーザー」と表示されるポイントへ銃撃を加えて麻痺させる。片方を麻痺させてから、弱点の頭を攻撃する。比較的楽な敵だった。
 ワムシシは、この後レベル17になってから倒しに行った。後ろで溜めて、前に回り込んでレーザーで倒す。レーザー4発ぐらいでエクセレント。

 ガッシュと別れ、キャラバンに行く前にドラゴンのタイプセレクトをする。
  ドラゴンタイプ:機動型 (攻撃力125、防御力0、心技力75、機動力200)
 機動力は200完全固定。攻撃面はバランスを考えた感じである。

ミッション3:禁止区域
ターゲット:ヴェロクス(含中軸体)、ヴェロキタ(含中軸体)、クレイメン艦&カラ、
      アトルムドラゴン

 ヴェロクスは、後ろに回り込んでまず中軸体を倒す。ヴェロクスの場合中軸体は必ず左端の個体というのを覚えておくと便利。ヴェロキタは、後方でゲージを3つ溜めて前方からレーザー。中軸体はレーザー1発では死なないので銃でとどめを刺す。
 ボスであるクレイメン艦&カラ、アトルムドラゴンは連チャンなので厳しい。レベル16で挑む。まずカラ2隻だが、リューリア、ヴァド、前方からの銃撃×2で撃破。クレイメン艦はひたすら側面を銃撃する(与えるダメージが大きい)。高度を下げたら、後方でゲージ溜めに専念。クレイメン艦の位置取りで側面に来たら、2回銃撃し後方に戻る。自分から側面を取りに行くと、銃撃を逆に受けてしまいエクセレントが取れなくなる。
 アトルムドラゴン戦は運が悪いとエクセレントが取れないかもしれない。アトルムに攻撃に専念された場合、どうしてもダメージが多くなってしまうからだ。最初にリューリアを使い、なるべくゲージ1個を残すように(「狙え」と言ったらハンヴォルグを使うため)後方からレーザーで攻撃。なんとかエクセレントを確保したが、今後に課題を残す結果となった。

[TO BE CONTINUED....]


[Prologue]  [Disc1]  [Disc2]  [Disc3]  [Disc4]
Back Home