「さて、これからが問題だな・・・  !?」

 研究員Sがディスク3を始めようと部屋に入っていくと、先客がいた。先客はAZELのディスク3の序盤をプレイ中のようだ。

「困ります管理人。これは僕の任務ですよ?」
「最初のイベントをこなしてるだけだ、問題ない。さっき2日ぶりにBBSを
 覗いたら、新規書き込みがいっぱいあって嬉しくて現実逃避」
「なんじゃそりゃ。遊んでないでさっさとレスらんかい!」

 壊れ気味の管理人からパッドを奪い、さっさと追い出した研究員S。管理人はどうやら、エンカクを助けただけらしい。続いて、ラドガムからラージガンを強奪し、ウル地下遺跡の行ってないとこにも行って、スラとタム・バクプロも倒した。他は・・・もう忘れた。そういえば、シルフィードがディスク3最初のキャンプで「デアトゥプ」を覚えた。これはかなり早い。

ミッション7:帝國軍空中艦隊駐屯地
ターゲット:夜間哨戒艇ドルヴァ、重迎撃機ゲラキ、戦闘機ジンコウ、
      移動砲台ハンサ、空中戦艦ヴァルナ、大型戦艦ナラカ、中型戦艦タパス、
      空中城砦艦ヴリトラ、特0号噴進弾ヴァラーハ

 ドルヴァはヴァド。ゲラキは本体を銃撃。ジンコウはレーザー2発。ハンサはザムハルトと銃撃。ヴァルナはザムハルトで。2隻の場合はヴァダズムだけど、心技力が少ないと1発で死なない。ナラカとタパスはヴァダズム。どうも、レーダーが黄色い所に出るようだ(ナラカとタパス)。
 中ボスの空中城砦艦ヴリトラとはレベル32で戦った。こいつは停泊中の空中戦艦を11隻倒すと登場するようだ。ちなみに、戦いの前に「攻撃力200、機動力200」の機動型にした。まず、最初はこちらが後ろを取られた状態なので、こっちが逆に後ろを取る。副砲準備万端になったら下の方を銃撃(ダメージは0)すれば、故障するのでその間にゲージを溜めリューリア。そしてヴリトラの左側面へ行き、銃撃する。副砲が復旧したら後ろに回って銃撃。この繰り返し。第2形態になったら、1回レーザーを撃ってからハンヴォルグを張り、後はレーザーを撃ちまくる。拡散雷撃は跳ね返し、最後はヴァダズムでキメ。ノーダメージというのは初めて。
 ボスである特0号噴進弾ヴァラーハとは、レベル33で戦う。まずリューリアを使い、側面をレーザーで狙う。両側の変な奴を黙らせてしばらくすると、空中戦になる。レーザーを撃ち、羽根の回転が止まるのを待ってまたレーザー。バーサークはいまいち効きが悪かった。今回は機動力200、攻撃力125で戦ったが、攻撃力200で挑んだ方が速く倒せるだろう。

ミッション8:メル=カヴァ
ターゲット:ヴェロクス、フォス、ウンブラ、アクレ、アルスロ、
      バリスタ自律管制室、光子砲バリスタ、アトルムドラゴン

 いつもフォス&ウンブラに泣かされるので、一矢報いるために、心技力を150にする。ヴェロクス戦で、まず中軸体を倒し、ゲージを溜めてリューリア。ヴェロクスの2組目は、ゲージを2つ残した状態で終わらせ、フォス&ウンブラは初っぱなにヴァダズムで粉砕。でも、次のフォス&ウンブラでダメージを受ける。アクレは後方からレーザー。一連の戦闘で、フォス&ウンブラの攻撃を一組でも防げばエクセレントのようだが、より完璧を期すならツァーノスが必須。この戦闘後、攻撃力を200にする。アルスロはレーザー3発でギリギリ倒せる。バリスタ自動管制室はリューリア、ツァーノスでレーザーを撃ちまくる。光子砲バリスタは弱点をレーザー。
 メル=カヴァを破壊するとアトルムドラゴンとの最終戦。レベル37。戦う前にスナイパーを装備した。まずリューリア、前に回り込んでベルディストを誘い、また前に回り込んで弱点を銃撃。アトルムが麻痺したら、側面から弱点を銃撃。第2形態に移り、4つのビットが登場。攻撃力が200なのを思い出し、慌てて心技力200にする。ヴァダズム×2でビットを破壊し、また攻撃力200に戻し、後方からレーザーを当てる。ビクシオマはハンヴォルグで防ぎ、こちらもビクシオマを返す。後はレーザー数発を当てて、ザムクレートでエクセレント。結構余裕があったのでもっと遊べばよかったと、少し後悔する。

ミッション9:帝國軍空中艦隊
ターゲット:戦闘機ジンコウ、誘導爆雷艦カラ、空中戦艦ヴァルナ
      旗艦グリグオリグ、ツァスタバ専用機ソーマ

 今回は完全に6連戦。キャンプでスナイパーを装着し、心技力150にしてから殴り込み。最初のジンコウ戦でゲージを溜めてリューリア。ジンコウ戦はゲージを1個以上残して終わりたい。ヴァルナはヴァダズム。カラ&ジンコウはヴァドと銃撃でエクセレント。
 間髪入れず旗艦グリグオリグ戦。妙にリロードの速い強敵なので、先ずツァーノスを使い、その間にゲージを溜めてリューリア。ツァーノスがいつ終わっても対応できるように、ゲージ1.8ぐらいを残すように攻撃。攻撃は回転砲台を銃撃。排気口が開くのを待つ。排気口が開いたら、弱点が現れるので銃撃。第3排気口を攻撃してる間に戦闘終了でエクセレント。結局、ツァーノスの切れ目に1発喰らっただけで済んだ。
 問題はツァスタバ専用機ソーマ。倒すのにバーサークは必須なのにBPは100程度しかない。アイテムは禁止なので、仕方なく心技力200にし、機動力を少し落として心技型にする。ゲージ3つを維持してBPを稼ぎ、ビクシオマを撃って終わり。最期まで不器用な男だったな、ツァスタバ・・・。

 キャンプでツァスタバとK・F・クレイメンのメッセージを読んでから、ついに塔へ行くことに。相変わらず、クレイメン殿の真意が良く分からない。困った人である。

ミッション10:塔・帝國軍迎撃
ターゲット:戦闘機カルラ、火炎噴射艇アナラ、自走砲ランカー、突撃艦マルト、
      戦術揚陸母艦バリオー

 カルラは後方からレーザー。アナラはヴァド。ランカーはアナラを連れているので、ヴァドと前方に回り込んでの銃撃で。マルトは側面を銃撃。「攻城砲」は1発ぐらいなら当たっても問題ない。
 ボスの戦術揚陸母艦バリオー。レベル42。事前にスナイパーを装着し、心技力を160にした。まず安全地帯に逃げ込みリューリア。ツァーノスを張ってから正面に回り込み、相手の攻撃を無視して弱点を銃撃。ゲージを1.8程度常に残し、ツァーノスが切れたらすぐまたツァーノス。ある程度ダメージを与えたので、かっこよく決めようと思い安全地帯に戻り、ビクシオマを2発当てるも死なず、逆に誘導弾をしこたま喰らうハメに。最後はBPの都合上ザムハルトでエクセレント。あの誘導弾は余計だったな。

 「脱出装置が・・・ぐわあああ!」

[TO BE CONTINUED....]


[Prologue]  [Disc1]  [Disc2]  [Disc3]  [Disc4]
Back Home