渓谷地帯

 岩肌と砂漠が全てと思われがちなこの世界にも、ちゃんと川が存在する。AZELで登場する渓谷は、その希有な存在がつくり出した奇観である。渓谷の深さは相当なもので、それだけで河川の歴史の古さを十分に物語っている。この川の源流はよく分かっていないが、シーカーの間では、遺跡が地下水脈から大量の水を汲み上げて流していると言われている。川は源流から北に流れて渓谷地帯を形成し、その後西に流れを転じて砂漠を潤し、海に注いでいる。ちなみに、以前は河川の流域にメッカニアの都市国家が林立していた。現在も交易都市としてそれなりに栄え、メッカニア時代の面影を今も残している。


谷底が見えないほど深い。


渓谷最深部。魚もいるぞ!

現地危険情報

 水源のあるところに攻性生物あり。やはり注意が必要である。帝國の発掘所近辺は、攻性生物よけの風網のおかげで攻性生物に襲われる可能性は低いものの、下手に発掘所に近付くと警備兵に警告なしで銃撃される。渓谷最深部は、景観は素晴らしいが攻性生物はやや手強い。さらに奥に、渓谷地帯のヌシとも言える巨大な攻性生物が潜んでいるという噂も聞くので、あまり深入りしない方がいいだろう。


帝國の発掘所。危ない。


??

Back