ウル

 通称「世界の泉」といわれるウル。その名前の通り、大量の純水を湛えた湖で大変美しい。生息する攻性生物もそんなに強くないが、北方に行こうとすると攻性生物に邪魔されるらしい。ゾアの街の住人の話によると、北方には遺跡があって、その遺跡の地下が「塔」に通じているとのこと。やはり、様々な謎を秘めた場所ではあるが、ウルは黙して語らず、ただ水を湛えるのみである。


水は非常にきれいだ。


こういう変なやつもいる。


完全に水族館状態。


はて・・・何だこいつは。

Back