攻性生物リスト

 現時点で存在が確認されている攻性生物をまとめてみました。記載漏れや間違い等ありましたらご指摘ください。なお、各攻性生物の解説はガッシュさんにお願いしています。

ガッシュ

よう、久しぶりだな。今回は「PDアカデミー」の依頼で、攻性生物の解説をすることになったんだ。ま、帝國アカデミーだったらお断りなんだが、あっちにはいろいろと借りがあるからなあ・・・。まあとにかく、これを読んでまた俺たちの世界に来たくなったら、いつでも来てくれよ。あの渓谷で待ってるからな、約束だぞ?

データのみかた

攻性生物の名前/攻性生物の種類/登場する作品(「パンツァードラグーン」はアイン、「パンツァードラグーンツヴァイ」はツヴァイ、「AZEL」はアゼルと表記)/攻撃方法

アクレ

純血種/アゼル/レーザー

 メルカヴァ周辺を監視する、飛行型攻性生物。すさまじい機動力を誇るがドラゴンの敵ではない。後ろからのレーザー攻撃で簡単に倒せるはずだ。

アシュティ

変異種/アゼル/溶解液(後)・しびれ液(後)

 砂漠を高速で疾走する迷惑なやつ。後ろに回ると攻撃してくるんだが、角のあるやつのしびれ液がやっかいだ。角のあるやつに注意しろ。

アトルムドラゴン

純血種(ドラゴン)/アゼル/レーザー・ベルディスト(前)・ビクシオマ(後左右)・ギリィク

 アゼルが乗っていたドラゴン。なぜアゼルにだけドラゴンが用意されているのか、考えてみれば不思議だが、その辺の詮索はアカデミーに任せる。こいつの攻撃力はドラゴンの中でも最高ランクで、特にビクシオマはインパクト十分だ。ただ、高出力の攻撃を繰り出すためか身体がかなり大きく、小回りがきかないのが弱点で、そこを突けば敵ではないだろう。ビットをどう壊すかが問題だな。

アルスロ

純血種/アゼル/白熱光

 メルカヴァの船内の、狭い通路を守る攻性生物。侵入者を発見するとエネルギー充填を始め、充填が完了するとレーザーを撃ってくる。狭いので避けられないが、PDアカデミーによると、「Bボタンを押し続けるだけで完勝できる」らしいぜ。

イヴァス&イヴィア

純血種(ガーディアン)/アゼル/ツインブレイズ・シンクロナイザ・ペイン

 塔のガーディアン。2体いるが攻撃は片方にしか効かない。エッジはあっさり倒したが、長引いたときの全体攻撃が厄介だな。ひたすら青い個体の背中に回って攻撃し、効かなくなったら緑の個体を攻撃する。

ヴェロキタ

純血種/アゼル/生体弾(左右)・レイガスト(前)

 水上戦闘用の攻性生物。緑がかった色の個体がリーダーで、群れを統率している。水中に潜られると、一切攻撃できないので意外に厄介だな。前方から攻撃しないと当たらないんだが、モタモタしてるとレーザーを食らうことになる。注意しろよ。

ヴェロクス

純血種/アゼル/レーザー(前左右)

 こいつは、最もポピュラーな原種の一つだろう。旧世紀の遺跡や、機械などを守っているらしい。必ず5機で編隊を組み、統率された動きで襲いかかってきて、レーザー攻撃も避けることができる。このように書くと手強い相手に思えるが、角のあるリーダーを倒してしまえばレーザーも当たるし、攻撃すらしてこなくなる。判断能力がリーダーにしか与えられていないという、ある意味悲しい攻性生物だな。

ウンブラ

純血種/アゼル/変光(前後)・縦列反射(前後)

 こいつは、リング状の反射板をグルグル回転させて、縦方向からの攻撃をことごとく跳ね返す。反射板の回転によって、なんらかの力場を発生させているようだが、やはりバーサーク攻撃は強力過ぎて防げないようだ。横方向をカバーするフォスと必ずセットで登場する。

エクトディスカス

変異種/アイン/生体弾

 水源に住み着いていることが多いな、こいつは。普段は壁に張り付いているが、敵が来るとゆらゆらと飛びながら生体弾を撃ってくる。攻撃力はそれほどでもない。生体弾の神経毒で獲物を麻痺させ、ゆっくりと補食するのだろうな。

カドロ

純血種/アゼル/結晶石爆発

 塔内部の警報装置が作動すると登場する。小型のガーディアンのくせに、攻撃に移るのが極めて遅く、爆発攻撃を一度だけ加えると去っていく。とんだ攻性生物だぜ。

カンヘルドラゴン

変異種(レア)/アイン・アゼル/七宝水(前左右)

 こいつも個体数の減少が取り沙汰されている。大した攻撃能力は持ってないが、レーザー耐性があるところに攻性生物さを感じさせるな。

ガーディアンドラゴン

純血種(ドラゴン)/ツヴァイ・アゼル/レーザー・光粒子分散弾・テイルアッパー・サイコミサイルなど

 シェルクーフ付属のドラゴン。ランディ師操縦のドラゴンに敗れ去ったが、エッジと俺が乗ったドラゴンに反応し戦いを挑んできた。師によれば、本体はそんなに大きくないらしい。あれは、アタッチメントを装着して武装を強化した姿のようだな。とはいえ、本体だけでも十分に強いらしい。光の粉をまき散らしながら超高速で飛行しつつ、サイコミサイルを撃ちまくる本体は、あまりに美しいらしいぜ。

強襲艦クオパ

旧世紀兵器/ツヴァイ・アゼル/生体弾・レーザー

 こいつは攻性生物ではないんだが、一応紹介しておく。どうやらこいつは、塔に付属している兵器らしく、塔が起動するとこいつも起動するようだ。攻撃力も半端じゃないが、多数の攻性生物を搭載することもできる。「空母」みたいなもんだろうな。強襲艦ハオトも同じだが。

強襲艦ハオト

旧世紀兵器/アイン・アゼル/生体弾

 こいつも強襲艦クオパと同じ役割だな。特に帝國の「塔起動実験」時に、帝都で大暴れした分、こっちの方が悪名高い。ただ、外見もそうだが、クオパより攻撃力が弱い分、こっちの方が「空母」といった印象を強く受ける事は確かだ。

クルル

変異種/アゼル/碧の玉(前)

 渓谷地帯に生息している。外敵に対する反応も鈍く、ハンターたちの手頃な獲物だ。紫色をしたのは上位体で、自分や仲間の体力回復をしてくるんで、そいつを先に倒した方がいいだろうな。

ゴライアス

変異種/アイン・ツヴァイ/体当たり

 こいつは、乾燥地帯に生息してる。大抵、温度が一定な地中にいるんだが、獲物を感知すると地面を掘り進んできやがる。しかし、攻性生物の中では弱い方だな。何しろ、ボウガン一発で死ぬんだからな。こんな奴にやられてるようじゃ、この世界じゃ生きていけないぜ?

シェルフィッシュ

純血種/ツヴァイ/生体弾

 シェルクーフのハッチから飛び出て、生体弾を撃ってくるが、機動力はあまり高くないようだ。おそらく地上用の兵器なんだろうな。

ジム

純血種/ツヴァイ/生体弾

 「シェルクーフ事件」の時、森の中でランディ師が遭遇した。一言でいって「弱い」らしい。まさに「量産型」といったところか。

シャプリ

変異種/アゼル/矢骨(左右)・大顎(前)

 こいつはでかい口が特徴なんだが、よくみるとまるで噛み合っていない。あのまぬけ面はなんとかならないものか。・・・攻略?そうだな、こいつは外敵に対する反応が素早い。出会ったら素早く後方に回り込むしかないだろうな。

 シームルグ

変異種/アイン/なし?

 砂漠地帯に生息するおとなしい攻性生物。身体は心なしか発光してるような気がするし、その姿はなかなか優雅である。オスのハイガに似ている気もするな。

 シーランス

純血種/ツヴァイ/生体ミサイル

 シェルクーフに搭載(あるいは生産)された戦闘機、といった感じだろうか。直に見たことのあるやつはほとんどいない。まあ、ランディ師ぐらいだろうな。かなり素早く、帝國の戦闘機なんかはあっという間にやられちまうだろう。

スイーパー

純血種/ツヴァイ/レーザー

 ランディ師がある遺跡内で戦った。すさまじいスピードを生かし、ヒット&アウェイでレーザー攻撃をしてくる。ただ、レーザーには追尾性がないので、ドラゴンなら簡単に避けられる。ランディ師いわく「こいつのせいで撃墜率が下がる」とか。

スラ

変異種(レア)/アゼル/雨降らし

 ウルに住んでいるが、ウルにも10匹しかいない希少種。性格は臆病で、攻撃を受けると逃げてしまう。こいつが絶滅寸前でも俺たちに助ける義理はないが、バイオスフェアのバランスが崩れる可能性もある。もし出会ったら見逃してやってくれ。

ズースー

変異種/アゼル/灼熱の吐息

 この攻性生物は、俺の知る限り一番でかいやつだな。大きな脅威だが、武装してるわけじゃないんで大型の純血種よりはましといえる。爆弾で表面を焼けば、弱点が現れるんで、そこを狙えば意外とあっさり倒せるぜ。しかしこいつ、元はどんな攻性生物だったんだろうな。 

セコム

純血種/ツヴァイ/なし

 この攻性生物は、俺たちの間では結構有名だ。活動中の遺跡を探索しようとするとたいていこいつに出会う。特に攻撃もせず行ってしまうが、そのまま逃がしてしまうとえらい事になってしまう。直後に攻性生物どもが襲いかかってくるからだ。だから、こいつは偵察が役目なんだろうな。「シェルクーフ事件」でも、エルピスの村で目撃されている。

セストレン・エクスシス

純血種(?)/アゼル/不明

 どうやら、こいつの周りを回っているドラゴンがセストレン本体らしい。弱点はそのドラゴンなのだが、ある程度ダメージを与えると隠れてしまう。ブルードラゴンの「あるべき姿」によく似ている気もするが・・・。

セチュラ

変異種/アゼル/泥

 こいつはそんなに活動的じゃないが、近づくと泥を投げつけてくる。ま、大きさの割に脅威ではないな。こいつは背中が弱点だ、よく狙えよ。

タイタン

変異種/ツヴァイ/不明

 こいつは珍しい攻性生物だ。なにしろ真っ暗なところが大好きときてる。多分、光が嫌いなんだろうな。目撃例はほとんどないんだが、ランディ師はドラゴンに乗って遺跡に入った時に遭遇したそうだ。ただ、出会った瞬間にドラゴンがレーザーで一掃してしまったんで、どんなやつだったか覚えていない、とのことだった。

タドン

純血種/ツヴァイ/不明

 ランディ師が住んでいた村「エルピス」が、シェルクーフに襲撃された時に目撃された。師によると、結構大型の四足歩行型で、なかなか迫力があるのに攻撃してこなかったという。それゆえ、攻撃方法や存在理由などは不明だ。探索専門なのかもしれないな。

タム・バクプロ

変異種(レア)/アゼル/反撃・爆発

 タム・プロの亜種。基本的には一緒だが、時間が経つと爆発する爆弾を抱いているのがこいつだ。モタモタしてると、爆発に巻き込まれるぜ?

タム・バシレウス

変異種/アゼル/水柱(左右)・溶解液(後)・甲殻手(前)・体当たり(前)

 ウル地下遺跡にいる攻性生物が群生しているらしい。怒ったタム・リッサが、召集したのかもしれないな。まず前方から、爆発系の攻撃でタム・プロを倒す。そうすると、肉弾系攻撃を狙って来るので素早く後ろに回り、弱点を攻撃すればいいだろう。

タム・プロ

変異種/アゼル/反撃

 銃で攻撃しても効かず、レーザーで撃つと反撃してくるニクいやつ。しかし銃で撃つと、レーザー発射腔が上を向くため、反撃を避けるのは簡単だ。

タム・リッサ

変異種/アゼル/爆撃

 どうやらこいつは、タム・プロとは共生の関係らしい。タム・プロの巣にぶら下がり爆撃を狙って来るが、巣を破壊されると逃げてしまう。その後、タム・バシレウスに乗って襲ってくるがな。

タラン

変異種・純血種/ツヴァイ・アゼル/生体弾・体当たり

 こいつはゲオルギウスに生息が確認されている。普段は水面をゆらゆらしているが、侵入者が来ると、ジェット噴射で上空へ飛び上がり、生体弾を撃ってくる。かなわないと見るや、数匹が縦に連なって体当たりをかましてくる。ま、生息場所が場所だけに、人間の驚異ではないんだがな。それから「アゼル事件」の、寄生グリグオリグ戦でも目撃されている。状況から考えれば、あれは純血種なのだろうが、誘導弾のような使われ方をされたタランには、少し同情するな・・・。

タルメラン

変異種/アゼル/かみつき

 ウル地下遺跡に巣くう攻性生物。地下遺跡にはこいつの卵も多く産み落とされていて、短時間で孵化してタルメランになり、さらに空を飛ぶタルバーニに成長する。銃は全く効かないが、レーザーなら簡単に一掃できる。たいした敵じゃないな。

テケテケ

純血種/ツヴァイ/地雷・生体弾

 ランディ師が遺跡内で戦った。通路を死守するための攻性生物らしいが、こいつのようなやつは他の遺跡でもよく見られるぜ。俺たちにとっては結構歯ごたえのある敵だが、ドラゴンなら楽勝だな。こいつの名前だが、俺が付けたんじゃないぜ。勘違いするなよ。

デルメラン

変異種/アゼル/かみつき

 タルメランの親戚みたいなもんだが、こいつにはレーザーが効かず、力もやや上なので甘く見ない方がいい。先に銃でねらい打ちするといいだろうな。こいつは青を基調にした色なので、簡単に見分けがつくだろう。

電気バチ

変異種/アイン/電撃

 発電能力を持ったハチ、だから電気バチ。単純だ。電撃にさえ気をつければ大した敵ではない。よって、ハンターたちがカモにしているらしい。

トゥプ

変異種/アゼル/とげ(左右)・とげ嵐(前)

 ガリル砂漠に生息してる。集団で体当たりをかましてくるが、赤い奴を倒してしまえば群れは離散する。攻略法はただ一つ、「赤い奴を狙え」だ。・・・まあ、ヴァドでもいいけどな。

トゥプナック

変異種/アゼル/とげ(左右)・とげ嵐(前)

 トゥプが水辺に適応した種。やってくることはそう変わらないな。例によって赤いやつがリーダーなんだが、時間帯によっては赤いやつだけで群れを作ることもあるらしい。

ナウパダ

変異種/アゼル/粘着液

 こいつは動き回ることができない。だからその分人類への脅威は極めて低い。ただその体液には、他の攻性生物の傷を癒す効果があるようだな。

ナーガ

変異種/ツヴァイ・アゼル/生体弾

 森林地帯でよく見られるな。見た目はともかく、木の間を縫うように飛ぶナーガは、ある意味優美ですらある。こいつらはこっちが手を出さない限り攻撃してこない。放っておくのが一番だな。

ヌリシンハ

純血種(ガーディアン)/アゼル/雷撃・眼光

 ウル遺跡のガーディアンだろう。雷撃を用いて攻撃してくる。連結部分を攻撃して分離させ、弱点をレーザー攻撃すれば楽勝だが、眼光には注意が必要だ。攻撃力はないんだが、これを食らうと動けなくなる。何らかの対策が必要だな。

ヌース

純血種(ガーディアン)/ツヴァイ/生体弾・レーザー・生体ミサイル他

 おそらくシェルクーフのガーディアンだったのだろうが、ランディ師とドラゴンの前に敗れ去った。強力な攻撃力、内蔵エンジンによる高機動性、対レーザー装備と3拍子揃っていたらしく、一瞬で帝國大型戦艦を撃沈したという。ドラゴンではないが、性能面で見ればドラゴンに匹敵する存在だな。

ハイガ

変異種/アゼル/やり(前左右)・落盤・寄生虫

 こいつとはエッジとともに、ガリル砂漠で戦った。こいつは雌で、雄であるハイシュがきれいな粉を振りまいて獲物を呼び寄せる役目を負っている。攻撃は原始的だが、その耐久力と変形能力はすさまじく、昔はさぞ恐ろしい兵器だったに違いないだろうな。こいつを倒すには、ヒット&アウェイで頭を狙うのが一番だが、防御形態の時だけは別の戦法がいいだろう。

ハヌマン

純血種/ツヴァイ・アゼル/生体弾・火炎ポッド・肉弾攻撃

 森での戦闘に適した、大型攻性生物。かなりの機動力だが、空を飛べないので大きさの割に驚異ではないかも知れない。空を飛べるというのはそれだけで、相手にしてみれば脅威なのだが。ただ、防御力の高さだけは折り紙付きだな。

ビーフライ

変異種/ツヴァイ/生体弾(神経毒)

 遺跡の地下水路などに生息してるらしい。俺もまともに見たことはあまりないが、ランディ師の話では、接近すると水の中から飛び出て、生体弾を撃つとすぐに水の中に逃げてしまうそうだ。おそらく、獲物を神経毒で麻痺させて捕食するんだろう。そういやあ帝國アカデミーが、羽根の超振動で重力を制御してる可能性を指摘していたな。

フォス

純血種/アゼル/変光(左右)・横列反射(左右)

 こいつは、リング状の反射板をグルグル回転させて、横方向からの攻撃をことごとく跳ね返す。反射板の回転によって、なんらかの力場を発生させているようだが、やはりバーサーク攻撃は強力過ぎて防げないようだ。縦方向をカバーするウンブラと必ずセットで登場する。

フライスティンガー

変異種/アイン/体当たり

 水源にいることが多いな。大した攻撃方法は持っていないが、大群で来られるとかなりの脅威になる。まあ、耐久力はほとんどないので、ぶら下がってるところを狙撃、という作戦を我々はとることが多いのだが…。

ブルードラゴン

純血種(ドラゴン)/アイン・ツヴァイ・アゼル/ホーミングレーザー・バーサーク各種

 セストレンの破壊を目指す、唯一のドラゴン。そのために人間の「調停者」が不可欠らしく、出現したときは必ず人間を乗せている。ランディ師によると、ドラゴンには知性が感じられるとか。確かに俺にも、それは感じられた。もしかしたら、人間なんかより高次の存在かもな。性能面から見ると、一言で言えば「コンパクトで高性能」。ドラゴンの中でも最強の攻撃力ながら、コンパクトなので機動性も高い。おそらく、旧世紀最高の技術をもって開発された究極生命体ではないだろうか。その辺を含め、まだまだ謎の多いドラゴンと言えるだろうな。

プロトタイプドラゴン

純血種(ドラゴン)/アイン/生体ミサイル・衝撃波・爆撃・ショットなど

 帝國が起動実験を行った塔のドラゴン。セストレンの命令でブルードラゴン抹殺に動いたらしい。高出力エンジンのおかげで、巡航速度は他のドラゴンより上らしいが、その分身体が大きくなっているようだ。攻撃力は申し分ないが、レーザーが使えない分ブルードラゴンより弱いだろうな。ちなみにこいつには、人型の生物が乗っていたことが確認されている。おそらくドローンだろう。

プーキオ

変異種/アゼル/液砲(前)・鈎爪(左右)

 とにかく鈎爪が強力な相手だ。攻撃すると、一瞬で反撃してくるのも脅威だな。まあ、弱点の背中を銃で撃てば、なんて事はない相手ではあるが。

ベモス

変異種/アゼル/消化液・触手・体当たり・捕食

 渓谷地帯で最強と思われる攻性生物。体内にガスをためて飛んでいるとも言われるが、俺はあのでっかい頭が怪しいと思う。あれはきっと、内蔵エンジンなんじゃないか?便利な機能だから、あまり退化してないんだろうな。・・・ノーミソは、退化しちまったみたいだが。

マサーン

純血種/アゼル/つむじ風・反撃

 こいつの性能は驚異的で、例えドラゴンでもなかなか勝てないだろうな。ただ、その分動き回ることはできないし、根っこを破壊すれば無力化する。まずは根っこを探すことだ。

ミシュティ

変異種/アゼル/溶解液(後)・しびれ液(後)

 水上を歩くアシュティ。攻撃法・攻略法はともにアシュティと同じだ。水面に油を分泌して、水上に浮いていると想像されるが・・・?

メラコラ&トラコラ

変異種/アゼル/串刺し・針千本(トラコラのみ)

 渓谷地帯にいる空飛ぶクラゲ。針を飛ばして攻撃してくるんだが、弱点を攻撃すればたやすく倒せるはずだ。突起が付いている奴がトラコラで、全ての面でメラコラより強いんで、気を付ける必要があるな。

ランドドーラ

純血種(ガーディアン)/ツヴァイ・アゼル/生体弾・ビット・レーザー

 「シェルクーフ事件」時に、森の中のある遺跡内でランディ師が戦った。この付近には「塔」があることが分かっており、この遺跡も、それと関連がある重要な遺跡だと、俺たちシーカーは考えているが、それにふさわしい力を持ったガーディアンと言える。ランディ師はランドドーラについて多くを教えてくれなかったんだが、「タイムボーナスが取れなくて困った」と、よくこぼしていた。・・・俺には、よく分からないな。

量産ドラゴン

純血種/アイン・アゼル/生体弾(前左右)

 これは帝國アカデミーが付けた仮名だな。帝都の半分が焼けちまった時に大量に目撃され、帝國の連中を恐怖のどん底に陥れた存在ゆえ、ドラゴンの名を冠してはいるが、ドラゴンには遠く及ばない性能だ。まあ確かに、普通の人間がこいつに襲われたらひとたまりもないけどな。

ルピス

純血種/アゼル/ロックヴァイパー

 典型的なイヤな奴。障害物を巧みに利用し、物陰からガンガン攻撃してくる。こちらも少しでも有利な位置を確保し、ガンガン攻撃しなきゃならんだろう。

ルーナ

純血種/アゼル/シャドウフレア

 なんだか女みたいな名前だが、塔内部を守る役目を負っている。正面しか攻撃できず、向きを変えるのも遅いため、エッジからの映像では一度も攻撃が確認できなかった。ドラゴンの敵ではないということだな。

ロロス

純血種(ガーディアン)/アゼル/極光

 塔のガーディアン。一定周期で仕掛けてくる全体攻撃がとにかく強力だ。防御系バーサークを使いつつ、とにかく応戦するしかないな。

ワムシシ

変異種(レア)/アゼル/蒼の玉(前左右)

 こいつはめったにお目にかかれない攻性生物だ。甲皮が非常に堅く、攻撃もなかなかのものだ。少々危険だが、前に回って弱点を一気に攻めるのがいいだろうな。どうしても会ってみたいなら、ガリル砂漠の「蒼の遺跡」のエリアを調べるんだな。

ワーム

変異種/アイン・アゼル/針

 かなり大型の攻性生物だが、かなりおとなしい性質で、こちらから手出ししない限り攻撃はしてこない。おそらく、野生化してかなりになるんだろうな。こいつがどんな純血種だったかなんて、想像もできないぜ。


Back