カイル・フリューゲ

(CV:不明)

 「パンツァードラグーン」の主人公。ハンターだったが、偶然ドラゴン同士の戦闘に巻き込まれ、結局ブルードラゴンに乗ることになった。その後の経歴は一切不明である。

 

ランディ・ジャンジャック

(CV:中原茂) 

 「パンツァードラグーンツヴァイ」の主人公。クーリアを育てて売るのを生業とする「ブリーダー」だった。突然現れた旧世紀の船「シェルクーフ」に村を滅ぼされ、密かに育てていた、羽の生えた変種のクーリア「ラギ」とともにシェルクーフを追う。やがてドラゴンに成長したラギとともにシェルクーフを破壊した。その後ランディはシーカーの一員になり、里のリーダーも務めた。ランディというのは女性っぽい名前らしく、小さい頃ずいぶんからかわれたらしい。なるべくなら「ジャン」と呼んであげよう。

 

第6代皇帝

(CV:大友龍三郎)

 「ツヴァイ」で登場する帝國の主。とはいえ、エンジン付きの玉座に座ってふんぞり返っているだけのように見える。ちょっと太り過ぎか。

 

エッジ

(CV:石田彰)

 ご存じ「アゼル」の主人公。15歳。帝國の傭兵だったが、仲間をクレイメン率いる反乱軍に殺され、復讐の旅に出る。けっこうモテるらしい。

 

アゼル

(CV:坂本真綾)

 「アゼル」で登場するドローン。ドローンとは人造人間のようなものである。ただアゼルは、塔をコントロールするために造られた特別製らしい。特別に高い思考指数を実現するため、旧世紀のマッドサイエンティストたちは、倫理的に問題のあるものを組み込んだ。そのため、アゼルには人格のようなものがある。そういう点では、彼女は「人間」だと言えるのかもしれない。

 

ルーア

(CV:入江崇史)

 エッジの傭兵仲間だった。年から想像すると、エッジのいい兄貴分だったに違いない。出番が極端に少ないかわいそうな人だ。

 

第7代皇帝

(CV:大塚周夫)

 「アゼル」で登場する最後の皇帝。クレイメンの反乱で帝都が壊滅しても平然としているが、別に大物だからではなく、帝國民などどうでもいいからだろう。こういう人間は、えてして逆境に弱い。

 

クレイメン艦隊

K・F・クレイメン

(CV:伊武雅刀)

 帝國の実力者。47歳。「塔」が帝國の手に落ちることを防ぐために、帝國に対して反旗を翻す。強奪したアゼルに協力してもらい、何かをしようとしていたようだが、真相は闇の中である。カイル・フリューゲと同一人物という説もあるが、とりあえず年齢は合っている。

 

アーウェン

(CV:大塚明夫)

 クレイメンの部下で、参謀役。せっかくの大塚明夫さんなのに、出番が少ない。

 

ツァスタバ

(CV:大川透)

 クレイメン直属の部下。もともとは帝國軍にいたが、問題を起こし処分されそうなところをクレイメンに救われ、部下になった。かなり凶暴な性格で、エッジの仲間を殺したのも彼だが、クレイメンのことは心から尊敬していた。顔に似合わずパイロットとしても超一流で、帝國軍の戦闘機フォーメーションに名前を冠しているほどの伝説となっている。

 

シーカー

スキアド・オプス・ガッシュ

(CV:大塚芳忠)

 ゾアの森近くの「シーカーの里」のリーダー。小さい体つきは過酷な境遇に育ったことを感じさせるが、その知識は確かで頼りになる男だ。あの貫禄で28歳とは信じがたい。おそらく50年分くらいの苦労はしているはずだ。

 

ザドク

(CV:納谷六朗)

 

 シーカーの一員で、「編み人」として旧世紀の研究を続けている。いろいろ教えてくれるし、本も何冊かくれる。いい人だ。

 

ラーダ

(CV:谷育子)

 

 シーカーの里にいるおばあさん。「守り人」という役割を担っているが、どうもこの人はお医者さんらしい。ルーベンの手術も担当したとか…。話し方がかなりゆっくりなので、ついついキャンセルしてしまう。ごめんよ。

 

シェラ

(CV:岡村明美)

 シーカーの一員で、とても無口な女の子。アゼルとは気が合うようで、よく話していたのだが・・・。

 

シメオン

(CV:坂東尚樹)

 シーカーの探索兵。かなり大柄な男で、マスクで顔を覆い隠している。探索兵の中で一番頼りになる存在と言ってもいいだろう。

 

ペレツ

(CV:家中宏)

 シーカーの一員で、探索兵。まだシーカーに加わったばかりということだ。「今度ドラゴンに乗せてくれ」と頼んでくるが、こういうことを言う脇役にはいつも死が待っている。

 

ラグ

(CV:湯屋敦子)

 

 シーカーの中でも珍しい、女性の探索兵。パエットといいコンビになりそうだ。

 

ルーベン

(CV:斉藤周)

 シーカーの一員で、見習いの探索兵。寄生グリグオリグ戦で実戦デビューを果たすも負傷。怪我が快癒されることを祈る。

 

エフタ

(CV:大川透)

 この人もシーカーだ。エッジにシーカーの里の場所を教えてくれる人。ゾアの街にも、旧世紀の産物を売りに来ていた。

 

ゾアの街

パエット

(CV:平田広明)

 ゾアの街の実力者、バイマンの息子。機械いじりが大好きで、独学ながら旧世紀の知識も豊富だ。基本的におぼっちゃんなので、一見高飛車だが、実際は普通の少年である。彼が長生きすることを祈らずにはいられない。

 

ラドガム

(CV:阪脩)

 

 ゾアの街にいるおじいさんのハンター。仲間を攻性生物に殺され、自分が生き残ったことを恥じ、ハンターとして死ぬことだけを願っていた。「(あの世でも)元気でやれよ」とパンツァー語で言ってあげられなかったのが心残り。

 

ヤエル

(CV:沢海陽子)

 ゾアの街の酒場で働くお姉さん。いつも明るく振る舞ってはいるが、実は帝國に滅ぼされたヴェラド村の生き残りらしい。年齢は不明。

 

ヤレド

(CV:益富信孝)

 ゾアの街で店を構えている。その正体はシーカーの調整士だったりする。帝國軍の猛砲撃から、どのように逃れたのか、興味は尽きない。この人も本をたくさんくれる。いい人だ。

 

アブネル

(CV:乃村健次)

 ゾアの街の門番をしている。かなりの大食漢のようで、かなりでぶ・・・もとい太ってらっしゃる。さらに金を借りても返してくれないという、結構いい加減な男だが根はいいやつ。本もくれるしね。アルドーと仲良しだけど立場的にはちょっと弱いらしい。

 

アルドー

(CV:今井朋彦)

 ゾアの街で暮らしている。昔はラドガムとともにハンターだったが、仲間を皆殺しにされたショックで戦えなくなる。選択肢次第では仲良くなれる?

 

ジューバ

(CV:亀井三郎)

 ゾアの街にある酒場のご主人。かなり話し好きのようで、注文してから話しかけるといろいろ教えてくれる。セガの倫理規定ギリギリ(?)の発言もあり。

 

バイマン

(CV:滝口順平)

 ゾアの街の実力者で、司祭の座を狙っている。パエットの親父で、典型的な「嫌な親父」だが、どこか憎めない感じがするのは気のせいか?

 

ダモン

(CV:中庸助)

 ゾアの街の司祭様。よそ者に大変厳しいお方。食料を巡るいざこざで、息子夫婦が死んで以来、よそ者を嫌っているらしい。食い物の恨みは恐ろしい・・・。

 

キトール

(CV:清水明彦)

 ゾアの街神聖区の住人。外界との交流をしていくべきだと考えていて、一見進歩的な人物に見えるが、その実、既得権益をかさに着て大儲けを企む人間にしか思えない。奥さんがイダ、娘がローダ。

 

ボアズ

(CV:楠大典)

 ゾアの街神聖区の、食料庫の管理をしている。外界との交流は不幸しか生み出さないと信じている。差別論者と言ってしまえばそれまでだが、彼の考えにも真理が含まれている気もする。

 

エドナ

(CV:磯部万沙子)

 ゾアの街神聖区の門の近くで、いつもイダと井戸端会議をしている。エッジを見ると露骨に嫌な顔をするが、それは神聖区民独特の選民思想に起因するものという。プレイヤーから言わせれば、「ただのいやなおばさん」

 

イダ

(CV:定岡小百合)

 いつもエドナと一緒にいる。気が弱いせいか、エッジ(よそ者)が嫌、というより怖いようだ。話しかけると黙り込んでしまう。そっとしておこう。

 

ローダ

(CV:こおろぎさとみ)

 

 ゾアの街神聖区に住む小さな女の子。世間知らずだが、外の世界に出たことがないのでそれも当然だろう。サウンドユニット欲しさに何度も話しかけたくなるけど、追っかけてって話を聞くのは、犯罪者みたいでちょっと気が引けるかも。

 

ベゼル

(CV:長沢直美)

 ゾアの街の司祭、ダモンの孫。外の世界に出たがっていたが、やはりお坊っちゃんなので甘いところがある。ゾアの街消滅後に話しかけると、エッジのことを非難してくる。そんなこと言われてもなあ。

 

キャラバン

アンユウ

(CV:石塚運昇)

 キャラバンのリーダー的存在。有能なハンターで、雇われハンターのラウルとともに狩りに出て、キャラバンの生計を立てている。人生の先輩として、さまざまな助言をしてくれる。

 

コウ

(CV:火野カチコ)

 キャラバンの肝っ玉母さん。いつも内職をしている(らしい)。エッジが相当気に入ったようで、娘のフェイとの結婚話を持ちかけてくる。バイカは夫。

 

フェイ

(CV:小島幸子)

 キャラバンの女の子。人見知りが激しく、話しかけてもなかなか答えてくれないけど、何回も話しかければ仲良くなれるぞ!無視されてもしつこく話しかけるなんて、ちょっと罪悪感があるけど。

 

ラウル

(CV:後藤敦)

 キャラバンの雇われハンター。昔は帝國軍の兵士だったが、その帝國軍に故郷の村を滅ぼされた苦い過去を持っている。ちなみにこの人、夜の時間帯は結構奥の方にいる。そんなところでなにやってるの?

 

バイカ

(CV:水野龍司)

 キャラバンにいる。身体が弱く、狩りには同行しないものの、薬作りから旧世紀機械の加工までなんでもこなし、キャラバンを支えている。

 

エンカク

(CV:奥島和美)

 キャラバンの一員の男の子。アンユウの子供で、将来は父のようなハンターになりたいらしい。メッカニア熱にかかってしまうが、トビタマイシを持ってくれば助けてやれる。いつも地面に「円を描いている」からエンカク・・・(ウソ)

 
Back