なんか分かりにくくなってしまったような気がするので、ちょっと補足(言い訳ともいう)させて下さい。

 私は個人的に、高いレベルの思考というのは心や魂と密接な関係にあって、これなしには不可能なものではないかと思っています。コンピューターに同じことをやらせるためには、心の再現が不可欠で、一番楽な方法が「人間のソウルごとコンピューターに移植」することです。

 そんなことが果たして可能なのか? 心とか魂とか言われるモノはやはり「脳」にあると思いますが、だとするとデータ化は可能なはず。もしそうならアゼルは「魂」すら持っているということになります。そんな彼女を、果たして人間でないと言い切れるでしょうか?

 元々の魂の持ち主はどういう人だったのでしょうね。おそらく女性であるとは思いますが、時代も時代だけに(旧世紀滅亡寸前)、きっと悲劇の人だったんでしょう。

 ちなみに、「攻殻機動隊」という漫画だと、ソウルを移植(作中では「ゴーストのダビング」)すると、オリジナルのソウルのデータが失われ、元々の魂の持ち主は死んでしまうという設定でした。すごいね。


Back