ラストエピソード「プロトタイプドラゴンD-01」


残念ながら映像はナシ(取り忘れた)。

●パターン1

 最初のパターンは、なかなかロックしにくい。浮遊ビットの水色の弾は、ダメージは少ないのでほとんど無視。奴のしっぽには当たりたくはないが、動きが速いので困難。動きに振り回されず、ロックしていくしかない。

●パターン2

 次は、衝撃波を撃ってくるパターン。上・下・上・下・・・とくるので、こちらもリズムよくロックオンしたい。

パターン3

 後ろに回り、攻性生物を体当たりさせてくる。ロックオン2回&ショットで排除。「バーサクがあれば・・・」という泣き言はナシ。

パターン4

 前に回り、しっぽで体当たりをかましてくる。こちらとしては、上下に避けつつロックオンし、なるべく多くのダメージを与えたい。

スペシャルアタック

 パターン4の後、プロトタイプドラゴンは、なんだか知らないけど「溜めはじめる」。スペシャルアタックの前兆だが、ここまで順調ならあと少しで倒せるはず。溜めてる間に倒してしまおう。そうでないなら、避けるしかありません。

難易度「ハード」だと・・・

 倒した後、普通の(?)プロトタイプドラゴンとの一騎打ちになる。


Back