PANDORA’S BOX
「ツヴァイ」の隠し要素を紹介します。

 

PANDORA’S BOX

 知らないうちにオプション項目に追加される「パンドラの箱」。これは、様々な裏技を非常に手軽に使用できる、ユーザー思いの要素である。プレイを重ねるうちに、自然に設定可能な項目が増えていく。どのような効果があるかは、ぜひご自身で確認していただきたい。とりあえず、全ての項目を設定可能にする条件を記しておきたい。各条件のうち、1つでも満たせばOK。

条件1:「TOTAL TIME」30時間以上を記録する

条件2:ゲームを20回以上クリアする

条件3:撃墜率100%を達成する

条件4:「AZEL」のセーブデータを作る

 ちなみに、「パンドラの箱」オープン状態でのプレイは、プレイヤーデータには反映されない。上記の条件1〜3は、「パンドラの箱」クローズ状態で達成する必要がある。

 

エピソードの分岐

 エピソード2・3・4には、進路を自分で選択できる分岐ポイントが存在する。分岐ポイントのおおよその位置を記しておきたい。正確な位置を言葉で説明するのは大変困難なのが残念だが、オプションモードの「INSTRUMENT MODE」の項目を「FULL」にしておけば、分岐ポイントを通り過ぎたときにルート名が表示されるので、それも参考にしてほしい。

エピソード2

文字通り、道が二股に分かれている所が分岐点。分岐点で右の方に寄っているとルート1(地上面)、左の方に寄っているとルート2(空中面)。

エピソード3

左右からケンダッパ(レーザー1発じゃ死なない、帝國の白い戦闘機)が3機ずつ登場する地点。普通に進めばルート1、左隅に寄ればルート2。

エピソード4(1)

エピソードの最初に、3機編隊の敵が2度登場した直後。一番上に寄っておけば、スピード感抜群のルート3に突入だ。普通に進めばルート1。

エピソード4(2)

最初の分岐でルート1を選ぶと、もう一つの分岐点に到達するが、場所は自分で覚えるしかない。右隅に寄ればルート2、普通に進めばルート1。

ドラゴン成長システムについて

 ドラゴンは、激しい戦いを経験することにより、成長していく。どのように「進化」していくのかは、各エピソードで得られる成長ポイントによって決まる。

 クリアポイント・・・エピソードをクリアすれば、2ポイント加算。

 ルートポイント・・・ルート2選択で1ポイント、ルート3は2ポイント。

 テクニカルポイント・・・撃墜率80%以上で1ポイント。
              撃墜率90%以上で2ポイント。

これらの合計ポイントが、「成長ポイント」となる。

ポイント0〜1

第1形態 ドラゴンハッチ

ポイント2〜5

第2形態 ドラゴングライド

ポイント6〜12

第3形態 ドラゴンレッドウインド

ポイント13〜17

第4形態 ドラゴンアルマナイト

ポイント18〜22

第5形態 ドラゴンブリゲードウイング

ドラゴンの隠し形態

 ドラゴンには、2種類の隠し形態が存在する。

ドラゴンスカイダート

 同時12ロックオンが可能、スピードが速い、かっこいい、と3拍子揃いまくりの形態。エピソード4終了時点で成長ポイントを15以上稼ぐか、または、やはりエピソード4終了時点で、ルートポイントが4、テクニカルポイントが0の場合に、スカイダートに成長できる。

ドラゴンソロウイング

 これが、ドラゴンのあるべき本来の姿らしい。「パンツァードラグーン」のドラゴンと同じ姿だ。同時12ロックオン可能だが、一度コンティニューすると8ロックオンになり、体力も減ってしまう。この形態に進化するためには、成長ポイントを、満点の24点稼ぐ必要がある。


Back