というわけで「天下布武」です。簡単に言ってしまえば「GA版信長の野望」ですね。パソゲー「ハラキリ」(すげえタイトル)が基になっているらしいんですが、誰か知ってます?このゲームは、メガCDとほぼ同時に出たソフトの中で唯一のまともなソフト(あとはみんなクソゲー)でした。他のソフト?例えば、
惑星ウッ…(死)とか…

 いきなりですが、このゲームの悪いところを挙げさせて頂く。武将は仕官を求めて勝手にやってくるんですけど、これは出現する国と年が決まっているはずなのに、出てこないことがあるのです。それから、このゲームは内政(開墾や城強化)と移動が同じターンにすることができないのに、CPUは平気で同時にやる。今、こんなゲーム出したら袋叩きですよ。だから、未経験の方は、店で見かけても買わないでね!

さらに、素人には厳しい数々の要素。「楽市楽座」やると突然の同盟破棄通告、信長では今川義元に勝つのはほぼ不可能、といった現実的なバランス。神の力(ロード技とも言う)を借りなければ勝てないのだ。もちろん強いところを選んでプレイすれば勝てるけど。自分(プレイヤー)の実力と神の力で歴史を変えていくゲーム、と言った方がいいかも。

未プレイの皆さん!クソゲーだと思うでしょ?でもこれ、スゲー面白いんですよ、皆さん!

 まずグラフィック。千人以上出てくる武将それぞれに顔グラが用意されてますが、あまり区別がつかない光栄系ゲームと比べると実に個性豊か。醜く描かれがちの家康と秀吉も、実にうまく描かれているのだ。人間とは思えない大友ソ−リンや本願寺ケンニョは必見だ!

 あとは戦がスゲー面白い。この面白さはちょっと文章では伝わらないのが残念なんですが、分かってくれる方いますよね?このゲームはいくさがすべて。内政ばっかやってると戦争できませんから。ライスとマネーは戦争で獲得すべし、って感じ。光栄系の場合、最初に治水開墾をやらないと勝てません。それが当時のデファクトスタンダードだっただけに、それを必要としないこのゲームは衝撃でした。

 こんなこと書いててもつまらないですから、最後に面白いエピソードを紹介しましょう。これはあるプレイヤーが経験した悲劇です。

・・・

 毛利輝元を選んだ彼は、何と信長との同盟に成功し、順調に勢力を伸ばし、中国・四国地方を制覇しました。次は九州だと思っていた矢先、信長は何を思ったか、同盟国であるはずの毛利との境界の城に少数の兵を置いてきました。「やばい!」と思ったプレイヤーは、攻められないように同じぐらいの兵力を配置したのです。しかし次のターンになると、信長軍の兵力は7万!あきらめた彼は、降伏することにした。(降伏してもゲームは続く。この場合は信長が天下を取れば、エンディングが見れる。降伏しても謀反を起こせば独立できる。)

 だが疑い深い信長は「それが毛利殿のご本意でござるか?」と取り合ってくれない。当然のように同盟はやぶられ、毛利軍は敗走しました。もうだめだと悟ったプレイヤーは、もう一度信長に降伏の使者を送りました。すると信長は一言。
「毛利は皆殺しじゃ」

ひどい人ですよねえ。


Back