今回、麺きり包丁の柄付けに挑戦しました。
材料は蕎麦MLの平林さんにご提供頂き、作り方のアドバイスを同じくそば屋五兵衛の砂原さんに頂きました。
ありがとうございました。


 大まかな形に鋸で切りました。
 家には鋸がなかったので職場の職人さんに切っていた
 だきました。
 これが本当に柄になるのか、できるのにどれくらいかか
 るのだろうとこのときは呆然としました。
麺切り包丁(33cm)
「安来鋼積層・別打」麺切り包丁
刃渡り約33cm。重さ910g
税込 84,525円【そば道楽】
積層とは、鋼を叩いて延ばし、織り込んでまたたたいて延ばし織り込むという作業を何度か繰り返すことにより、波を打ったような模様が出ることをいいます。
 やすりでで大まかに削りました。
 なかなかうまく削れませんでしたね。
麺切り包丁(30cm)
安来鋼積層・別打

刃渡り約30cm。重さ760g
片刃(桐箱入)共柄

税込 80,850円
 次に鋸で真っ二つにしました。
 ちょっとゆがんでしまいました。
切れ者・麺切り包丁
「本職用」麺切り包丁
刃渡り約30cm。重さ650g 片刃

税込 14,700円

安来鋼青紙を使用した、たいへん手頃な包丁です。そばを1kg位から打つ人に最適です。
趣味の方から本職の方まで幅広く使っていただいています。
 包丁の柄の部分を鉛筆でなぞり、あとは彫刻刀で彫っ
 てゆきます。大体4mmぐらいの深さに彫ります。
切れ者(左利き)・麺切り包丁
「本職用・左利き」麺切り包丁。
刃渡り約30cm。重さ650g
片刃・共柄

税込 22,050円

 片方彫ったところではめこんでみました。 麺切り包丁(木柄)24cm
「本職用・木柄」麺切り包丁
刃渡り:約24cm
重さ:650g
片刃、木柄

税込 10,290円

安来鋼を使用した、たいへん手頃な包丁です。
そばを300gから1kg位まで打つ人に最適です。
 もう片方も彫ってはめこんだところ。
 少し隙間があったので微調整しました。

 まだこの時点では握った感じがごつごつして、手にしっく
 りきません。でも柄にぴったりはまった時は感激です。
ステンレス鋼・麺切り包丁(片刃)
「ステンレス鋼」麺切り包丁
刃渡り:約24cm
片刃、木柄

税込 5,040円

よく切れるステンレス鋼を使用し、価格をおさえた商品です。
さびにくいステンレス鋼の為に切れ味バツグンです。

 彫り終えたのを開いた状態です。 <切れ者>黒打・麺切り包丁(21cm)
「黒打ち・両刃」麺切り包丁。
刃渡り約21cm。
両刃・木柄

税込 8,400円

コマ板を使用しないでも切ることのできる、両刃の麺切包丁です。
包丁の巾があるので切りやすいです。<左右兼用>
 これからは、平刀で丹念に角を取ってゆきました。
 うっかりすると手を切りそうで気が抜けませんでした。
 木には目があることがよく分かります。彫りやすい方向
 と彫りにくい方向が感触で分かりました。
手打ち麺切り包丁
「手打ち」麺切り包丁。
刃渡り約24cm。
両刃・木柄

税込 6,720円

コマ板を使用しないでも切ることのできる、両刃の麺切包丁です。
 ほぼ仕上げた状態です。最後は#800のサンドペーパ
 ーで仕上げました。

ステンレス鋼・麺切り包丁(両刃)

「ステンレス鋼」麺切り包丁
刃渡り:約21cm
両刃、木柄

税込 5,040円

コマ板を試用しないでも切ることのできる、ステンレス製の麺切包丁です。
 ついに完成です。工程一週間ほどかかりました。
 ほんとはこれからカシューを塗ろうと思ったのですが,
 木の感触がいいのでしばらくこのままで使おうと思いま す。
 
 2日後、さっそく使ってみましたが,いままでの柄にたこ 糸を巻いて使っていた時に比べ,握りがよくてぶれにくく なりました。それと、柄の重みが加わったので楽に切れ るようになりました。

 皆さんも是非作ってみてください。
 今までよりも包丁に愛着が持てるようになるでしょう。