第8回・ネットフレンズ・ア−ト展の様子
●お知らせ:掲載の写真は、様子をお知らせする為の画像です。
展示されたままを撮影しております。
よって画像の不鮮明さ、大きさなど、至らぬ点があります事は、平にご容赦願います。
なお、記載に誤りなどありましたら、訂正しますので、ご連絡願います。
では、皆様、ご高覧のほど、よろしく、お願い申し上げます。


20090426_33.JPG
会場はいつもの藤が丘ア−トウエ−ブさんです。
20090426_01.JPG
今回のカンバンは・・・・・・
,すみませんが、私の娘{Noriko」のデザインです。
20090426_32.JPG
会場は2階です。
●今回の飾り付けに集まってくれた有志のみなさん。
ありがとうございました。
これだけ人数がいると、早い、早い(^0^
以下、作品掲載です。

以下の作品写真の著作権は、作品作者にあります。
よって、無断転載・複写を禁じます。
**
凡例:
題名
画材
作者名(ハンドルN)
ホ−ムペ−ジ
総勢30名、作品数30点という今回も大盛況の展示となりました。
皆様、本当に、ありがとうございます。
20090426_06.JPG
休暇村のミズナラ
水彩
saecotta
20090426_03.JPG
早春の木曽川提
水彩
本さん
20090426_11.JPG
サイネリア
色鉛筆
K.maeda
http://www.geocities.jp/syu_m3040/
20090426_31.JPG
飛騨牛
水彩
浩司

http://www.oshokuji-kon.co.jp/
20090426_27.JPG
ブーゲンビレア…だよ♪
水彩
しるきぃ
20090426_24.JPG
白川町の新聞店
水彩
takai
http://orange.ap.teacup.com/takai1103/
20090426_14.JPG
『Laugh and Grow Fat(笑う門には福来る)』
パステル
Ryo
http://homepage2.nifty.com/1b-town/
20090426_20.JPG
ね こ
水彩
かもみる
http://pws.prserv.net/marylou/
20090426_18.JPG
夢かうつつか
布絵
nuno

http://www.gctv.ne.jp/~art-ide/
20090426_12.JPG
Hさん
水彩
若松倫夫
http://www.big.or.jp/~wakamatu/
20090426_02.JPG
異国の城
水彩
iwapy
http://fine.ap.teacup.com/cherry/
20090426_17.JPG
数珠球 (Coix lacryma-jobi)
切絵
Roki
http://www.roki.com/

20090426_09.JPG
サンサシオン
ミクストメデイア
かこ

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Ayame/1837/
20090426_07.JPG
シクラメンとプッチ−ニ
水彩
ナターシャ
20090426_16.JPG
 顔
水彩
koji
http://www.sun-inet.or.jp/~kanedass/
20090426_15.JPG
海からのたより
水彩
みお
http://www23.big.or.jp/~kasuya/
20090426_13.JPG
アンコ−ルワット
水彩
@きよし
http://lifead.ifdef.jp/index.html
20090426_21.JPG
さくら
水彩
小輝
20090426_03.JPG
ブルージュ俯瞰
水彩
すずめ
http://moineau.fc2web.com/
20090426_05.JPG
無題
アクリル
20090426_22.JPG
自画像
水彩イラスト
真理庵

http://blog.goo.ne.jp/maria-sophia/
20090501.JPG
My favorite faces 01
アクリル
hiromi
http://www.mkc.zaq.ne.jp/sorafuwari/index.html
20090426_28.JPG
朝もやの鏡池
パステル
美湖
20090426_10.JPG
デッサン船宿(三方町)
水彩
吉岡 一郎
http://www.h4.dion.ne.jp/~iyiyiy/
20090426_23.JPG
松重閘門
水彩
Design-ito
http://design-ito.com
20090426_30.JPG

サインペン
Noriko
20090426_25.JPG
参差<しんし>
水彩
noriri
http://www.its-cc.co.jp/
以上、順不同



●絵は自由にのびのびと、そして生活を潤す一手と思います。


Homeへ