Koji Kaneda Art-Gallery
Audi13k.jpg

『待つ』 水彩 F40号 紙 モンバルキャンソン Up2001/05/06

これは、『第89回 日本水彩展』に応募する絵です。 画材店で、出荷前に、場所をお借りして撮影しています。
学生時代から、遣り残した事
@個展
A公募展
個展は曲がりなりにも、お仲間の助けを得て、実現する事ができた今、次なる目標「公募展」を目指します。
約1.5ケ月前、公募展を調べると、近々にあるのは、この会だったのです。
この団体は大きい所です。いきなり、全国区を目指すのも、無謀と言えば無謀な事です。
1月は中部水彩協会、3月は日本水彩連盟、その他は?・・・まだまだいろいろあるようですが、決めたのです。
入選する可能性は?・・・きっと、かなり低いでしょう。無名、新人、アマチュア、しかもアウト・ロ−の私にチャンスはいかほどあるか?
知れた事です。世の中、そう甘くはない事を、イヤと言うほどビジネスでは、思い知らされてきました。
それでも、学生時代から、思ってはみても、出品する所までをも行かなかったのです。
今日、発送できました。結果は5月28日に判明しますが、私としては、出荷できた事が、一つのケジメ、区切りとなりました。
『あ〜、挫折せずに、よく出荷まで、こぎつけた。』
いままで、途中で挫折した事は・・・けっこうあるのです(自笑)。

家族や、知人からは、普通の風景画を出したら?っと何度も、言われましたが、あえて心象具象の、この絵で審査を受けたいのです。
風景は、また、他の会で審査を受けるとして、車、人物と、手強いモチ−フでやってみたいのです。

絵画表現の中で、車が主張する絵は、かなり少ないはずです。あるいは、皆無かもしれない。
いろいろ下絵を描いて、試行錯誤してきましたが、かなり手こずりました。学生時代以来かな〜?こんなにひたむきに絵に打ち込んだのは。
約1ケ月の悪戦苦闘は、家族も知るところでした。
題名とおり、まさに『待つ』のでした。


2001/05/29 日本水彩展応募の結果→選外でした。
自分の技量・技術が未熟です。また、初心に戻って、再トライを目指したいと思っております。
皆様、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。


Audi&Wagen Indexへ

Top