Koji Kaneda Art-Gallery
Casablancak.jpg
『カサブランカ』 水彩F8号 紙=ワトソン Up2002/04/29

白い花を描くのは、いつも難しく感じる。
それは、透明水彩では、できるだけ白色を使わないようにする為である。
白色を使うと、それだけ絵の具は濁り、みずみずしさが損なわれるからだ。
よって、塗り残して、紙の白さで表現する。
パラフイン紙によるラッピング部分も、塗り残しで表現・・・ただし、透明のパラフインによる、中の透き通って見える感じは、
あとの絵の具の拭き取り処理で行う。
はたして、その効果、質感は出ているのでしょうか?


カサブランカ・・・
ある方から、描いて欲しいと頼まれた・・・
うちの近所には、咲いていないなあ〜・・・←当り前か(^o^)。
例の近所の花屋さんへ寄った。
私:「カサブランカ下さい」
花屋さん:「あ〜花、一輪の人」
私は苦笑しながら「ええ、また一輪欲しいのですが・・・」
花屋さん:「あ〜、二つ咲いたのしかないわ」
私:「ああ、いいですよ、それが満開で、ちょうどいい」


私:「先日のカ−ネ−ション、絵にして、HpにUpしておきましたよ」
花屋さん:「え〜、どこどこ、どこにあるの?」


かくして、花屋さんで、わがHpを開いて見せてあげる結果に〜・・・(花屋さん、意外に見ていないのね・(^o^))



静物画Indexへ

Top