Koji Kaneda Art-Gallery


『台湾出張2001年2月/高雄・台湾ラ−メンのお話』
2001年2月4日 (日曜日)のお話

Taiw34.jpg

2月3日に続き、高尾の庶民の食を味わいに行きました。連日、仕事の打合せが
続き、バテバテのところ、精力がつくという台湾麺料理を頂きに。


高雄市内のいたるところにある麺料理のお店。
高雄の人のお勧めのお店でした。


『麺肉牛郷』と書いてあります。

Taiw35.jpg

←出たあああ〜
これが、本当の【台湾ラ−メン】
牛肉うどんと言ったほうが正しいかも?
麺は名古屋きしめんの半分くらいの幅、腰もまあまああり、おいしいです。
お汁は、濃く、味も牛肉味がきいていて、私には合いましたね。
そんなに辛くはないです。
香辛料は、別皿に用意されていて、好みで加えるのですが、その香辛料は
確かに、辛い!。
一スプ−ンも入れたら、舌が焼け付きます。


NT$50円≒¥190円・・・安い!

Taiw36.jpg

←高雄の人が頼んだ、乾麺
やきそばのようでもありますが、・・・違った味。
少し食べさせて頂きましたが・・・おいしい!

Taiw37.jpg

←麺だけのところを撮らせて頂きました。
麺は白かった。

Taiw38.jpg

←チャ−ハンも頼んでいます。
おいしいです。
しかし、どのお店に行っても、一応チャ−ハンも頼むようにしています。
それは、各お店、それぞれ、味が違うからです。
でも、どのお店の味も、おいしかった。
これは食べられないと言う、チャ−ハンは、まだ一度もありません。


一度、これは食えない!・・・という、料理も食べてみたいけど、
去年の2月の時は、はまぐりの蒸し焼き料理を食べて、腹痛を起こしましたので、
今後も、注意して食べようと、思っています。

Taiw39.jpg

←野菜炒めと、キャベツ炒めが並びました。
どちらもおいしい。
本当に、おいしいものばかりです。
特に、このキャベツは絶品、あまく、シャキシャキ・・・・
なんで、キャベツがこんなにうまいのでしょうか?
それは、きっと、無農薬、自然肥料なのだからでしょう。

Taiw40.jpg

←キャベツだけを撮らせて頂きました。
ここでは、見れなかったけど、虫が食べた跡が見られるのも多いそうです。
きゃ−・・・なんて思わないで下さいよ。
虫も食べるほど、おいしいキャベツなのです。
そう、発想を変えて下さい。
虫も食べるから、安全、安心な食べ物なのです。


ちなみに、日本では、曲がったきゅうりは、・・・めったに売っていませんよね。
こちらでは、きゅうりは曲がっているのが当然、自然なんだそうです。
真っ直ぐなきゅうりは、病気か?あるいは、矯正したか?
はたまた、今、はやりのクロ−ンか?(笑)
台湾では、そう考えるそうです。

Taiw41.jpg

←皆さん、またキャ−・・・なんて言わないで下さいよ。
これが牛・・・・そうモツですね。
それと・・・・内蔵・・・・グロテスクですが、
これが旨みの元になっているようです。
右端には、昆布とあげが見えています。


台湾の方々の御陰で、普通の観光旅行では味わえない庶民の味を
食べさせて頂き本当に、感謝です。
これで、精力つけて、翌日の仕事も、またがんばろうとする私でした。
しかし、連日、打合せは夜遅くまで続くのでした。
そしてその後、自分の整理・・・・。
海外出張とは出来るだけ短期間で済まそうとする為、
当然、ハ−ドとなるのでした。
本来なら、今日は日曜日、台湾の方にも気の毒ですが、
休み関係なく、行動する日本人は、やはり猛烈なのかな?(笑)。


台湾出張2001年2月/Index

Top