Koji Kaneda Art-Gallery
Audi20k.jpg
『Audi No.20』 透明水彩 ≒F6号 紙 Faine Face Canson Up2001/11/01

描画について・・・・・・・
前輪と後輪のヤイヤの太さは同じ・・・・手元が狂ったか、前の方が小さい(苦笑)。
まあ、バックを塗ると、違和感は取れるのであるが、今回はタイヤが主役。
これにて、ご勘弁願いたい。


(懲りない走り屋の日記)

エピソ−ド4←何やらスタ−ウオ−ズ風である。

純正状態のタイヤは
(前) 205/60R15
(後) 205/60R15
これでも太い方であるが、この車のホイルハウスを見ると、まだまだ太いのを履けそうである。
偏平タイヤで、グリップ力高く走行したい…・・走り屋の虫が騒ぐ(自笑)。

アルミ・ホイ−ルはRH・ドイツ製:17インチ・8J
タイヤはピレリ P7000(フランス製)215-45-17 偏平率45

かくしてタイヤは変った・…すぐ走りを確かめる。
グリップ力は確実に上がった。
コ−ナ−の攻めも、かなり強引に入れる…・が、しかし……
悲しいかな、足回りのショックアブソ−バ−が合っていない。
多少のデコボコで、コトコト音がするのである。
純正の足回りは、硬い偏平タイヤに合わない・…

仕方ない、足回りも変えようか…思いつくのはビルシュタインかザックス…・
いろいろ、相談してみましょう・・・・…車高も、もっと低く出来るし〜・・・・・・
足回りブッシュ類も、心もとない、マフラ−も貧弱・・…
懲りない走り屋の、想いは続くのである。

Audi20t.jpg
★↑RH社製・偏平タイヤ用アルミホイ−ル

Audi&Wagen Index

Top