Koji Kaneda Art-Gallery
Audi22k.jpg
Audi No.22 DOHCエンジン 透明水彩・F8号 紙 Canson

皆さんは、ご自分の車のボンネットを開けて、中を見た事がありますか?
最低限、ラジエタ−液とエンジンオイル液点検だけは、ご自分でも出来るようになりましょう。

エンジン・ル−ムは芸術でしょうか?・・・・判断は難しいものですが、技術屋魂はこもっております。


(懲りない走り屋の日記)

Audi22p.jpg


エピソ−ド7←何やらスタ−ウオ−ズ風である。

学生時代、DOHC(ダブル・オ−バ−・ヘッド・カムシャフト)のエンジンは、憧れの的でした。
親のすねかじりの身分では、到底、手が出ないエンジンでしたね。
学生時代、 TOYOTA・セリカ・1600GTを親に買ってもらった友達が、うらやましくて、指をくわえていました(自笑)。
今、自分が買える歳になって、DOHCや、V6エンジンが、ちまたに溢れているこの現状に驚きです。

自動車の進化は目覚しく、日本車では、一般車でも、このDOHCエンジンが積まれている時代。
いい時代ですね〜。
DOHCと言えば、昔はスポ−ツ・カ−の代名詞・・・・いまや、猫も杓子もDOHC!
そのエンジンの有り難さを知らない若者が多いのは嘆かわしくも思います。

皆さんもご自分の車のエンジンル−ムを覗いて見て、何が、どこにあるか?知ってみません?

え!?エンジンがどこか解らないって????・・・・自動車学校に入り直して下さい(爆)。


Audi&Wagen Index

Top