アマ
アマゴ、ヤマメ、岩魚・・・日本古来から生息する日本のマス、意外と知らない人が多いのは驚きです。

子供

説明

ル−ツ・親

アマゴ
Amagoj.jpg

↓ここはまず、広辞苑の説明を聞きましょう
アマゴ、あまご【天魚】
サケ科の魚ビワマスの幼魚ないし陸封魚。
体側に黒色斑紋の並ぶ清楚な魚で、小朱点のある点でヤマメと異なる。
西南日本の太平洋側河川の上流にすみ、全長約20センチメートル。
美味。琵琶湖あるいは海に下るものもあり(全長約50センチメートル)、銀白色となる。
琵琶湖のものはアメノウオまたはアメともいう。エノハ。サツキマス
↑いろいろ説明が出てきました。さあ、たいへんだ(笑)↓ビワマスで引くと
びわます【琵琶鱒】
サケ科の淡水産硬骨魚。全長約50センチメートル。
サクラマスによく似た琵琶湖固有種。
秋に産卵のため琵琶湖へ注ぐ川へさかのぼる。アメノウオ。←と出てきます。

早い話が、ずっと川にいるものを、アマゴ、
海に下るものをビワマスと我々アングラ−は解釈しています。
また別名:サツキマスとも呼んでいます。
なお、海に降りられず、ダム湖で銀毛化したものを、我々はシラメと呼んでいます。

ビワマス
残念ビワマスの絵は
描いて無い******
だいいち、私には釣り上げるのは
到底無理な話だろうね。
これを釣ったことのある人は非常に珍しい

別名:サツキマス

この絵もまだ無し〜

ヤマメ
Yamame2j.jpg

↓やはり、まず、広辞苑の説明を聞きましょう
やま‐め【山女】
サクラマスの稚魚ないし陸封魚の称。
体側に黒色斑紋の並ぶ清楚な魚で、小朱点のないところがアマゴと異なる。
西南日本では上流域のみに陸封されるが、東北地方では雌のほとんどが、北海道では雌雄が降海する。
陸封魚は全長約20センチメートル。美味。ヤマベ。エノハ。
↑またいろいろ説明が出てきました。↓サクラマスで引くと
さくらます【桜鱒】
サケ科の硬骨魚。背は淡褐色で、側線下は銀白色。
日本近海固有の魚で、特に日本海に多い。
孵化後、河川で1年半過し、その後雌は銀毛ヤマメとなって降海する。
河川生活をするものはヤマメと呼ばれる。マス。ホンマス。

また、我々アングラ−ではずっと川にいるものをヤマメ、
海に下るものをサクラマス、桜が咲く時期に海から上がってくるので、そう呼んでいると思います。
なお、海に降りられず、ダム湖で銀毛化したものを、我々は
アマゴと同じく、シラメと呼んでいます。

サクラマス
Sakuras.jpg

イワナ

『アマゴ半日、岩魚一日』と釣り師の格言でいわれるように、
それほど岩魚を釣るのは難しいことなのである。

↓またまた、広辞苑の説明を聞きましょう
いわな【岩魚】
サケ科の硬骨魚。暗緑色の地に淡色斑点と小朱点があり、本州河川の最上流にすむ陸封魚。全長約30センチメートル。夏の渓流釣りの代表的釣魚。美味。東北地方以北には小朱点のない同種のアメマスがおり、多く降海する。中国山地のものは特にゴギともいう。キリクチ。嘉魚。ロ□夏ロ

上記にある、北海道のアメマス・・・憧れです。

↓余談ですが、私のだいたいの岩魚釣果を記します。
@長野県・天竜川水系で23cmをGet1982年ころ
A秋田県・鳥海山で28cmをGet
B愛知県・稲武・名倉川で33cmをGet
C奥矢作・上村川で32cmをGet!1992年ころ
その後30cm級・尺岩魚は釣れず!(笑)

イワナ
Iwanas.jpg
岩魚は大きくなってもイワナ、
イワナにまつわる昔話は各地に根強く残っています。
『大イワナの伝説』皆さん聞いたことはありませんか?そのペ−ジに一例を載せておきます

20140303.jpg
オオユスリカのライズ・リング

春のオオユスリカ・シーズン(3月上中旬〜4月上中旬)の為に、ライズ・リングの見分け方について少し説明をします。

以前にも書いていますが、マスがユスリカを食べる時の「ライズ・リング」にはいくつかの特徴があります。
@ピューパ(サナギ)が水面に上がって来たところを食べる時
Aピューパが羽化をしているところを食べる時
Bアダルトを食べる時
Cシャック(羽化の後に水面に残った抜け殻)を食べる時おおよそ、この4パターンに分類できます。勿論、他にもありますので(ユスリカが小さい時、他の虫の時、マスによっても違う、など)一概には断定できませんが、フライを選んだり、釣り方を考える参考には充分なると思います。

@とCが最も特徴的でわかりやすいものです。Aは、@と似ていて、わかりにくい時があります。Bにも近い時があります。

@のライズ・リングが下の写真(上)です。見分けるポイントは二つあります。一つはリングが大きく、勢いが強いこと。もう一つは、ボイルのような、泡のような波がリングの中央にできること。マスの動きが早く、水面に鋭角に上がって来て、鋭角に潜っていった証拠です。

Cのライズ・リングが下段の写真です。ちょっとわかりにくいですが、非常に静かな波紋です。小さな魚のようなライズ・リングのようでもあります。
「シャック」は動かないのでマスは静かにゆっくり「吸い込む」訳です。
この波紋の特徴は「マスの向きがわかる」ということです。右のリングを見て下さい。丸い外側のリングの中に泡のような波紋が見えますね?それが中央より「左側」にありますね?
これはマスの尾の部分が水面を乱した現われなのです。したがってマスは右へ行ったことになります。

ちなみに外側の「リング」はマスの口(頭部)が水面を割った時にできたものです。マスの大きさや、水面へ出た時の角度、スピードなどによって、微妙にライズ・リングが変化しますが、少なくてもマスの向きがわかることは貴重な情報です。

@の場合はマスの向きはほとんどわかりません。そのかわり、ピューパを食べている確率が高いので「フローティング・ピューパ」や「ソフト・ハックル」を使える訳です。ドライでもいけます。

Cの場合は「シャック・フライ」が一番です。他のフライでは効果が落ちます。ライズでマスの向きを判断して「してやったり」の釣りができます。1回のライズでマスの向きがわかるので、あとは「キャスティング」技術がものを言います。

美しき魚達Index

Top