Koji Kaneda Art-Gallery
Super7の思い出
Topに戻る

'92年のお正月に、自分へのご褒美で買った。Super7(ケ−タ−ハム社製)
リジットアクスル。1700ス−パ−・スプリント1989年式

愛犬ポポが、たびたび駐車場で、整備する私に、じっと付き添ってくれて
いました(笑)。

Super701.jpg

Super702.jpg


↓当然、多賀大社へも、交通安全祈願に行きました。
幌をかぶって走るのも、またおつなものです。


↓岡崎にあるAC-MINDSさんのクラブに加入し、ツ−リング・ミ−テイングにも参加
この時の集合は浜名湖のレストランでした。

Super703.jpg

Super704.jpg


↓こういう車ばかりが、列をなして走ると目立ちます(笑)。
嬉しい事は、女子高校生や小学生が、喜んで手を振ってくれる事
・・・走り屋として礼儀正しく、軽く、お礼の会釈をしてゆきます。


↓走り屋は、自宅で、プラモデルを自ら作って、自分の車の情景を
ジオラマにして楽しみます。決して、ガキンチョ趣味とは違います?(苦笑)。

Super705.jpg

Super706.jpg


↓車を、より自分の好みのレ−シ−に改造した状態。


↓ノスタルジックな演出が、より走り屋魂をゆさぶる結果となる・・・・

Super707.jpg

Super708.jpg


↓とうとうジムカ−ナ−・レ−スに出場しちゃいました。
気分はF1ドライバ−LOTUSのジム・クラ−ク(自爆)


↓スタ−トの瞬間。軽量化の為、後ろのタイヤは外しています。
車が傷むであろう事などお構い無しに、アクセル前回、
ただただエンジン回転計だけをみながらGo〜

Super709.jpg

Super710.jpg


↓ジムカ−ナ−・レ−スはタイムアタックレ−スです。
よって、1台で走ります。
コ−ナ−でのふんばり、タイヤは泣き叫び、煙が上がります。首が痛い・・・・(自笑)


↓スピ−ドは、そんなに沢山は出せません、すぐにコ−ナ−が迫ります。
しかし、わずかな直線でも、アクセル全開、度胸が試されます。

Super711.jpg

Super712.jpg


↓最後のコ−ナ−を終わって、最終の直線。
壊れても良い覚悟で、またアクセル全開、もっと、もっと早く走れ〜っと車に
むちを打ってる感じです。


↓左の写真とゼッケンが違います・・・・そう実は、すぐ2回も出ちゃったのです(自笑)。
チェッカ−フラッグはすぐそこ〜

Super713.jpg

Super714.jpg


そしてゴ−ル・・・タイムは?・・・・後ろから数えた方が早かった(自笑)。
参加する事に意義があるなり。


クラブミ−テイングで集合した風景。場所は知多半島・師崎
いつもながら、みんな集まると壮観です。

Super715.jpg

Super716.jpg

Super717.jpg


Super7について
LOTUSの創始者・チャップマンが開発、1957年にシリ−ズ1を発表。
その後シリ−ズ2,3,4まで行き、LOTUS社としては1973年で生産終了。
人気が高い車だったので、その後バックヤ−ドビルダ−だったケ−タ−ハム社が
生産権利を購入、今も生産が続けられている。
ケ−タ−ハム社としては、現在も開発を行い、基本骨子は変えず、毎年、新型を発表し続けている。


趣味の車Index

Topに戻る