スポーツ根性ドラマのヒーロー

一部工事中、正確な記述をするため調査中です。

スポーツ根性ドラマは愛と、感動と、多くの勇気を僕らに与えてくれました。
が、時には現実離れした夢物語も多かったです。でも心に残っています。



「巨人の星」
昭和41年、年少年マガジンに
連載、梶原一騎原作・川崎の
ぼる絵、スポ根マンガの代表
作品。



「アニマル1(ワン)」
昭和43年少年サンデー連載。川崎のぼる
絵・カワサキプロ。



「新・エースをねらえ」



「あしたのジョー」
原作・高森朝雄、絵・ちばてつや
昭和43年1月、「少年マガジン」
連載。昭和48年5月15日、最終
回。
ぶらりとドヤ街に現れたジョー、少
年院での力石とのボクシングの試
合で目覚め、数々の名勝負を繰り
広げる。



「柔道一直線」
昭和42年「少年キング」連載。
原作・梶原一騎、絵・永島真二





「キックの鬼」
昭和44年「少年画報」連載。原作・
高森朝雄、絵・中城けんたろう、

昭和45年12月ロッテより発売
3枚入り10円



「プロゴルファー猿」



 
「侍 ジャイアンツ」



「ハリス無段」



「おれは鉄兵」
作者・ちばてつや
昭和48年「少年マガジン」連載



「ストップにいちゃん」
スポーツ万能のお兄にいちゃんが
繰り広げる痛快学園コミック。

ホームページへ戻る トップに戻る