ブラックバス釣り『季節別行動パターン研究』編

ブラックバス釣り季節別行動パターン研究・春先

ブラックバス釣り『春』

ブラックバス釣り春

ブラックバス釣りに於いて春の釣りは、非常にワクワクするものです。春は産卵の為に浅瀬に寄ってきてデカイ・バスをおかっぱりから釣る醍醐味も有ります。

また春先の産卵期のブラックバス釣りの場合は、2月中旬あたりから体力のある大きなバスから産卵に入る傾向が有りますので、まだ寒いかなという位の時期のほうがデカバスに会える可能性は大きいと思います。

ブラックバス釣り季節別行動パターン研究・盛夏

ブラックバス釣り『夏』

ブラックバス釣り夏

産卵も終わりシェードパターンに入ってくる夏の季節はバサー憧れ?のトップでのブラックバス釣りを満喫できる季節です。

また夏のバス釣りでこれも特徴的なラン&ガンで攻めるラバージグ&テキサスリグのシェードパターンが有効になってきます。このラバージグのバス釣りには虜になっているバサーも沢山居ます。

ブラックバス釣り季節別行動パターン研究・食秋

ブラックバス釣り『秋』

ブラックバス釣り秋

秋の季節は、ターンオーバーと言って水質が変わる季節ですので見た目に死んだ水の様に見えてブラックバスが全く釣れない時もあります。

またターンオーバーが過ぎる9月中旬くらいからは、冬の寒い時期を過ごすための捕食活動にも入りますのでブラックバスを釣りやすい季節でも有ります。バイブレーションルアーでガンガン攻める季節です。

ブラックバス釣り季節別行動パターン研究・厳冬

ブラックバス釣り『冬』

ブラックバス釣り冬

冬は、一年を通してブラックバスを一番釣り難い季節です。目に見えて動かなくなりますのでリアクションで食わす釣りが有効です。

リアクションで食わすルアーはメタルジグやラバージグでブラックバスの目の前をシュッと通してリアクションで口を使わす釣りに徹したいです。


淀川ブラックバス釣りページに戻る