狂四郎


ホームにもどる

TVD 眠狂四郎


放映:KTV 1972/10/03〜1973/03/27(全26話)
監督:田中徳三、井上昭
音楽:渡辺岳夫
原作:柴田錬三郎
製作:東映

内容:田村正和主演。転びバテレンの父と日本人の母の間に生まれた眠狂四郎。刀をゆっくりと回す円月殺法に思わずつられて切り込んだ次の瞬間、相手は斬られている。
 有名なのは、映画の雷蔵だが、原作者の柴田錬三郎は田村正和が四十代になったところを想定して眠狂四郎を書いたのだという。昭和元禄の世相と相まって、田村・狂四郎は静かで虚無的で殺伐とした独特の美を感じさせる。
じゅんじゅんさん 1997/11/15


オープニング

 闇に潜む狂四郎。タイトルバックは「ぎゃん、ぎゃん、ぎゃん・・」というアコピ和音の積み重ねで、視聴者を一気に異次元の世界へと誘う。そこは江戸時代でもなければ日本でもない。


テーマ曲 OP

 OP映像は、赤と黒の背景に田村狂四郎がスローモーションで剣の舞。その切っ先はストップモーション。オルガンがクネクネと歌うメロディーに続いて、艶やかな「だばだばだ〜♪」。そして「はぁ〜はぁ〜♪」というスキャットも色っぽく、どこからどう見てもどう聴いてもヨーロッパ映画の世界であります。とても時代劇には見えません聞こえません。これこそ映像の美学と申せましょう。


孤独 ED

作詞:柴田錬三郎
作曲:関野幾生
編曲:小山恭弘
歌:沢竜二
演奏:クラウン・オーケストラ
尺八:村岡実
CW-1265,TECD-25489,TFC-1621~6

 ワウがかかったエレキ、コンガ、尺八という超絶アンサンブルが、時代を越えてカッコ良い。間奏ではニヒルなセリフがある。アイザック・ヘイズの「SHAFT」(黒いジャガーのメインタイトル)をパクっているといわれています。


斬る

作詞:柴田錬三郎
作曲:関野幾生
編曲:小山恭弘
歌:沢竜二
演奏:クラウン・オーケストラ
尺八:村岡実
CW-1265

 こちらもロック風味の映画音楽調。ぶ厚いオルガンサウンドにストリングスがのっかって、アコピもエレキギターもとにかく厚く歪んだ音を鳴らす。そして「死んでたまるか、この俺が♪」という絞り出すようなボーカル。これは魂の音楽だ。




EP CW-1265「孤独/斬る」
 「斬る」には、挿入歌という表示はありません。

CD TECD-25489「TV時代劇グレイテスト・ヒッツ2」
CD TFC-1621~6「チャンバラ万歳」




ホームにもどる