日本酒で綺麗になるって知っていますか?
注いだときから包み込む,花のような香り。それは,一日の疲れを癒し、心を静めるアロマテラピー。ほほを染め,喉を潤す芳醇な味わい。それは,みずみずしい素肌のためのエッセンス。貴方のきれいのもととなる、理想の肌を作るために。お手入れに役立つ日本酒のスキンケア効果をご紹介します。
 5の効果であなたキレイバックアップ
 うるおいを保つ
 乾燥しやすいお肌の悩みに。酒風呂の保温効果でしっとりと
美容と疲労回復に欠かせないお風呂に日本酒を入れて入浴する酒風呂は、保温効果に優れ、肌が乾燥しにくくなるということが実験で確かめられています。日本酒で身体をあためると、皮下組織細胞の働きが活発になり、汗を多量に分泌する汗腺の以上が調整され、顔や首筋の多汗症がおさまるとされています。
作り方は簡単。37度前後の風呂のお湯にコップ2〜3杯の日本酒を加えてかき混ぜるだけ。市販の入浴剤など足元に及ばない効果を発揮してくれるはずです。
 ストレスを解く
 筋肉のこりをほぐし、緊張で収縮した血管の働きを滑らかにします
人は緊張したり心配事などが重なるとストレスがたまります。こんなときは気分転換。お酒を飲むとで,大脳皮質の抑制が解けて,精神的なストレスの解消になります。注目したいのは,日本酒には収縮した血管の流れをよくする働きがあることです。ストレスを感じたときは,日本酒を飲むことで,入浴やマッサージと同じように筋肉のこりをほぐすことが出来ます。中でも毛細血管の働きを活性化することがわかっています。日本酒はお肌の健康面からも,その効果が脚光を浴びているのですね。
 つやを増す
 楽しく飲むうちに,皮膚全体に栄養分をとどで,お肌をより艶やかにします
アルコールは、全身の毛細血管を広げ、血行を良くします。特に日本酒を飲んだときは,他のアルコール飲料のときよりも、体温が2度ほど高い状態が続きます。体温が高いということは,皮膚の表面の血液環境がよくなるということ。血液中の栄養素を体のすみずみまで行き渡らせ、お肌も自然と輝きが出てくるのですね。日本酒はどんな温度でも同じ効果が得られるので、冷え性の予防など、女性の美容と健康に最適のお酒といえますね。。
 老化を防ぐ
 コウジ酸と呼ぶ成分が,細胞の労化を防ぎ、お肌を活性化します。
日本酒のもつ美容効果の研究が進むにつれ、日本酒の中には,細胞の老化を防ぐと考えられる成分が含まれていることが明らかになってきました。米コウジに含まれる「コウジ酸」と呼ぶ成分は、細胞の老化を防ぎ,活性化する作用を持つ物質として注目を集めています。化粧品会社では,髪の毛の組織を培養してコウジ酸の育毛効果を検証したところ、老化して発毛力が衰えた頭皮や毛根に働きかけ、育毛を助ける効果が確かめられています。今後も日本酒は,体にやさしい美容の源として、さまざまな利用法が開発されることでしょう。
 白さを与える
 シミ・ほくろの原因となるメラニンを抑え、みずみずしいお肌を作ります。
日本酒には、肌の美白効果をはじめ、さまざまな美容効果があります。たとえば,日本酒の原料に含まれる「コウジ酸」と成分には,シミやほくろの原因となるメラニン色素の成分を抑える働きがあります。日本酒を飲んだり塗ったりすることで,美白に優れら効果が期待できます。しかも保湿効果があるため,お肌はしっとりとうるおいを保ちます。最近では化粧品会社でも,美白効果のある化粧品の成分として、コウジ酸が使われれるようになっています。