栄養価が高く、しかもヘルシー
おいしくて健康にもいい酒粕利用法
日本酒を絞った後の”カス”だと誤解されるこのの多い酒粕ですが、実はたんぱく質をはじめビタミン・ミネラル
が豊富に溶け込んだ栄養価の高いものなのです。最近の研究では、酒粕の成分の中に、ガンに対する抵抗
力を持つ物質が含まれていることも分かっています。焼いて食べてもおいしく、雑菌の繁殖を防いで素材の保存力を高める働きもあります。もっと酒粕を見直してみてはいかが。
酒粕にはいろいろな成分が溶け込んでいる
酒粕はもろみを圧縮して日本酒を分離した時に残る固形物のこと。きれいな板状になっているものは「板粕」、形が崩れているものは「バラ粕」とか「粉粕」と呼ばれます。
酒粕には、もろみの中で解けきれなかった米粒や米麹、酵母,米麹、それに日本酒の成分が含まれています。そのためたんぱく質や炭水化物,,ミネラルなど豊富に含まれて栄養価が高く、アルコール分も8%ほど含まれます。そのまま火であぶって食べたり、粕汁や促成の甘酒にも利用されます。また、奈良漬けや魚介類などの粕漬け、粕酢などの製造原料としても利用されています。
健康効果が証明された酒粕
栄養たっぷり、体も温まる酒粕ですが、最近の研究でガンになりにくい体質を作る成分が含まれていることが分かりました。がん細胞と正常の細胞を見分け、がん細胞だけを殺すのがNk(ナチュラル。キラー)細胞ですが、このNK細胞の活性化を酒粕が促すと言うものです。
そのほかにも、アレルギー体質の改善、肌の若返りやシミ・ソバカスを改善する美容・美肌効果もあるというのですから、ヘルシーライフに欠かせない食品と言えそうです。
酒粕を使った料理にチャレンジ
 ● 鮭の粕汁
@酒粕を水につけ、やわらかくしておきます。
A大根,人参,椎茸などを細切にし、出し汁で煮ます。
B酒粕をだしで溶き入れ、塩鮭を一口大に切って入れます。
C鮭に火が通ったら、潮か味噌で味を調え、ネギを散らします。
 ● 魚の粕漬け
@魚の水気を取り、両面に軽く塩を振って、20〜30分おきます。
Aバットに粕床を敷いてガーゼをのせ、その上から水気を拭いた魚を並べ、さらにガーゼと酒 床を乗せて、ラップをかけます。
B冷蔵庫で2〜3日漬ければ出来上がり。

1〜2週間は保存可能です。冷凍庫なら1ヶ月はOK。材料は肉類,野菜などを使っても。粕漬けは、とくに塩ブリ,潮鮭などの塩抜きに最適です。
 ● 酒粕のおやつ
板粕を1枚ずつはがし、網にのせて両面を焼きます。ジャムやマーマレードをはさんだり、ようかんを薄く切ってはさむとしゃれたおやつになります。