炭 の 効 能
空気の浄化
多孔質で、吸着性に優れた炭は、空気中の汚れ、臭気成分、有害な
科学物質を吸着する。
また、炭はアルカリ性なので、微生物がよく着生する。この微生物
は汚れやにおいの原因となる物質を分解・浄化してくれる。
建材や塗料から出る有害な化学物質、壁紙や家具に使われている接
剤、防虫加工された畳などに含まれるホルムアルデヒドやトルエ
ン、有機リンなどの有害物質の除去にも、安全で経済的な炭が有効
である。

水の浄化
水道水の中に多孔質で吸着力の優れた炭を入れると、カルキ臭のもとに
なっている
塩素はもとより、カビ臭の元凶であらう有機物や不純物も一昼
夜で
吸着・分解することがある。
さらに、炭そのものに含まれている、カルシウム、マグネシウム、鉄分ナト
リウム
など、天然のミネラル成分が溶け出して、美味しい自家製のミネラル
ウオーター
をつくることができる。自家製浄水器には水の中で砕けない硬
質の
白炭が適している。使用方法を守れば、繰り返し使うことができる。
また、炭は家庭用飲料水だけでなく、河川の水質浄化にも大いに役立って
いる。1985年、東京都八王子市の女性団体が、多摩川の支流の排水路
に炭を入れた布袋12個を敷いたところ、一ヶ月後には、ウグイが産卵し
ホタルが飛び交うようになった。
炊飯
米を炊く時に炭を入れると、ごはんがおいしくなる。というのは、炭
水道水に含まれている塩素や微細な有機物を吸着・分解するため。
また、米をとぐときに洗い落とせなかったヌカや表面に付着している
不純物も一緒に吸着・分解する。さらに、炭に含まれるミネラル成分
、とくにカルシウムが溶け出し、ふっくら美味しく炊き上がる。
鮮度保持
収穫直後の生鮮野菜や果実からは、エチレンガスが発生していて、こ
が熟成・老化を早めるもとになる。そこで炭を使うと、エチレンガ
スはもとより
においのもとになっているガスまできれいに吸着する。
農業資材
炭の粉は多孔質なので、土の通気性や透水性を高めるはたらきがある。
また、炭そのものはアルカリ性なので、酸性化した土壌のPHを高め
る働き
を持つ。さらに炭に含まれるカルシウム、マンガン、亜鉛、銅、
モリブデンなどのミネラル成分は、そのまま土に補給され、さらに土
壌中の微生物の活動を活発にする。
炭は、このほか入浴剤、電磁波遮蔽、住宅の調湿、寝具などにも活用
されている。