セントレアと県営名古屋空港発着路線に関するニュース


平成18(2006)年12月10日

1.ジェットスター航空

・平成19(2007)年8月2日以降、カンタス航空を引き継ぐ形で名古屋ーケアンズ線を
 開設する。水曜日を除く週6便の運航で、機材はA330ー200。また、火・日曜日発着便は
 ケアンズ経由でシドニーまで運航される。

2.フィリピン航空

・名古屋ーマニラ線が2回に分かれて増便される。名古屋発12月20日以降の毎週木曜日、
 及び平成19(2007)年3月16日以降の毎週土曜日のフライトが対象になる。
 この増便によって火曜日を除く毎日運航になる。

平成18(2006)年10月29日

1.中国東方航空

・12月7日に名古屋に到着する便より名古屋ー青島ー北京線が開設される。名古屋発が毎週
 月・水・金・日曜日の週4便の運航(名古屋でオーバーナイトステイ)で、機材はB737。

2.中国南方航空

・10月29日より名古屋ー上海(浦東)−深セン線が開設される。毎日運航で、機材はA320。

・10月29日より名古屋ー大連線が週4便から毎日運航に増便される。機材はA319。

・10月31日より名古屋ー広州線が開設される。毎週火・金曜日の週2便運航で、機材は
 B757ー200。

3.エア・ホンコン

・10月29日より名古屋ー香港線(貨物便)が週5便で開設される。機材はA300ー600F。
 これに伴い、キャセイ・パシフィック航空の早朝・深夜運航便は運休になる。

4.ガルーダ・インドネシア航空

・10月末より来年3月末まで名古屋ーデンパサールージャァルタ線が一時運休になる。

平成18(2006)年10月1日

1.日本航空

・10月末からの冬スケジュールより名古屋ー広州線を週3便から毎日運航に増便する。機材は
 B767ー300。なお、広州線増便と引き換えに週4便で運航されていた名古屋ーマニラ線は
 運休になる。

2.ANA

・平成19(2007)年2月より名古屋ー天津線が開設される。毎日運航で、機材はB737ー700。  

*以上の情報は予告なしに変更になる場合があります。

セントレアと名古屋空港のページへ戻る

トップページへ戻る