名鉄に乗り入れてくる車両

このページでは名鉄線に乗り入れてくる名古屋市営地下鉄の車両について紹介しています。

名古屋市交3000形

名古屋市交3000形(上小田井)

 3000形は昭和52(1977)年に名古屋市交鶴舞線用車両として登場し、昭和59(1984)年 までの4次にわたって増備された。当初は4両編成だったが、名古屋市交鶴舞線と名鉄犬山線との相互直通 運転が開始された平成5(1993)年に編成替えの上で6両編成化された。このため運転台付き中間車が 登場している。また、余った2両は同年に登場した3050形の中間車として組み込まれている。
 車体は名古屋市交初の20m4ドアオールロングシート車且つ無塗装セミステンレス製で、名古屋市交初の冷房車でもある。 制御方式は回生ブレーキ付きAVF電機子チョッパ制御である。
 現在、6両編成15本と3050形中間車2両の計92両が在籍している。


名古屋市交3050形

名古屋市交3050形(上小田井)

 3050形は平成5(1993)年の名古屋市交鶴舞線と名鉄犬山線の相互直通運転開始に合わせて登場 し、翌年まで増備された。3000形と同じく20m4ドアロングシ―ト車であるがオールステンレス製に なった。制御方式はGTO素子使用の回生ブレーキ付きVVVFインバータ制御方式である。車内の車端部 貫通ドア上と乗務員室ドア上に2段式LED式車内案内表示機(駅名表示等は上段が日本語、下段が英語で 表示される)が設置されている。なお、3059fは3000形の6両編成化で余った2両を編成の中間に 組み込んでいる。
 現在、6両編成9本と3000形を中間車に組み込んだ4両の計56両が在籍している。


名古屋市交7000形


名古屋市交7000形(犬山)NEW

 7000形は平成15(2003)年に名古屋市交上飯田線(平安通ー上飯田間、通称:上飯田連絡線) と名鉄小牧線の相互直通運転開始に合わせて登場した車両で、床下機器や車内設備を中心に名鉄300系との 共通設計箇所が多い。

 名古屋市交鶴舞線の3000・3050形同様に20m4ドア車であるが、名鉄300系に合わせて車内 はロングシートと転換クロスシートが併用されており、名古屋市交通局初の転換クロスシート装備車になっ た。制御方式はIGBT素子使用の回生ブレーキ付きVVVFインバータ制御車で、こちらも名古屋市交通局 では初の採用である。車内表示機は側面ドア上部に300系と同じタイプのLED式車内表示機が千鳥式に設置 されている。

 現在、4両編成2本の計8両が在籍している。

名鉄通勤型車両のぺージへ戻る

トップページへ戻る