〔終戦65周年記念〕 2010.7〜8 編集

愛知県幡豆郡幡豆町・殉国七士廟・比島観音
三ヶ根山のエンジン

日米・電縁合同調査チーム(注1)


”三ケ根山に展示の航空エンジンの謎”
B-29、 実は旧日本軍爆撃機 『飛龍』に搭載した
三菱製の
『A18』 エンジンであり、
零戦、 実は旧日本軍 『屠龍』 或は『100式司令部偵察機』に搭載した
三菱製の
『瑞星』 エンジンであることが判明した。
これらを含めてHPで公開します。

■序文:  三ヶ根山は愛知県幡豆町にあり、三河湾に面する標高320mの独立峰である。形原温泉から有料道路を通って山頂に登ると、 「殉国七士廟」 「比島観音」がある。ここから南方を望むと、三河湾の向うに渥美半島が長々と横たわり、 その先に遠州灘が広がる。

 終戦の日が近づくと毎年、首相の靖国神社参拝の賛否をめぐって新聞紙上が大騒ぎになった。 極東裁判で死刑判決を受け、絞首刑になった七名のA級戦犯が靖国神社に合祀されているのが問題だと言う。

 その墓が三ヶ根山頂にあり、その一隅に展示されるB-29用と、別に比島観音前に ある零戦用のエンジンの気筒内径を調べると明らかに相違する。以下は、展示エン ジンの謎解きレポートです。

■謎解き経緯: この度の、三ヶ根山の航空エンジンの謎解きがどのような経緯で進められたか説明します。
2005.8 HP(ホームページ) 『史跡探訪』編集者で、私のB-29 friend (注2)の林弥一郎氏から、HP 『JA2TKO & B-29』編集者の私に一通のMailが届きました。
それは、展示エンジンの 気筒内径をメジャーで測ったら148mmであり、貴方のHP(B-29写真博物館)の155.6mmより小さい、 よってB-29のエンジンでないと言う(何故測ったかは、第1章 発端 で述べる)。

2010.1.28 USAのB29 Friend の Mr Brian Cody(名古屋市在住)が拙宅訪問、謎解き作戦を話し合い、 2010.3.21ノギスを準備して三ヶ根山へ向かい、気筒内径の再確認と構造の特徴などを調査した。
その結果と写真を、B-29エンジンのリストア(修復再生)をした米国のPrecision Eegines社のMr Warren Varney に照会し、 同社の数名のスタッフと相談した結果のコメントをもらい、日本製であることを確信する。

当時の、日本の軍用航空機エンジンは、三菱発動機製と中島航空機製であり、私が三菱製を、 Brianが中島製を分担調査した。 私は、調査に先立ち B-29 Friendの内本龍男氏(戦時中の三菱重工OB、後 TMC OB)に相談し、 三菱重工OB著作の”三菱航空エンジン史”と”みつびし航空エンジン物語”を手がかりに細部構造寸法などを詳細に調べた。
その結果、殉国七士廟に展示されB-29エンジンは、三菱製の 四式重爆撃機『飛龍』(キ67) に搭載していた空冷複列星型18気筒エンジン、陸軍ハ104・海軍MK6Aで三菱開発番号A18Aと判断した。

その結果を、関係者に詳細報告すると共に、2010.6.22に、三菱重工名古屋誘導システム製作所の”名誘ギャラリー”と 三菱重工名古屋航空システム製作所の”名航史料室”を訪問し、 三菱関係者を含めた報告検討会を行い、真相究明を一層深め、出席者全員で旧日本軍爆撃機「飛龍」に搭載の 三菱開発番号A18Aエンジンであると断定した。

さらに、 比島観音に零戦用として展示されるエンジンも、チーム活動の一環で、三菱OBの調査の結果、中島航空機製の『栄』ではなく、 実は旧日本軍の100式司令部偵察機(新司偵)や2式複座戦闘機(屠龍)などに搭載した 三菱製の『瑞星』エンジンであることが判明した。

(注1)日米・電縁合同調査チーム
   今回のような合同調査は、HPを起点とする『電縁(mail での情報交換)』による相乗効果とB29 Friend の
  友愛の成果であり、このようなチーム名とした。
 チームメンバー(参画順)
   林弥一郎 (mhi OB)、岡田邦雄 (tmc OB・編集者)、Brian Cody (CMC), 内本龍男 (mhi & tmc OB)、
 岡康之 (mhi OB)、堤征一 (mhi 名誘ギャラリー室長)、岡野允俊 (mhi 名航史料室長)、角間洋二郎 (mhi OB)
(注2)B-29 Friend :編集者のHP 『JA2TKO & B-29』を訪問され、B-29に関心を寄せるFriend,

2010.8.15 終戦記念日、日米・電縁合同調査チーム一同

目 次
表題 内容 担当
発 端
1)殉国七士の墓参拝記
2)B-29愛知爆撃総括
林弥一郎
B-29エンジン概要
型式・概要・生産について
岡田邦雄
名発エンジン概要
1)三菱の航空エンジン通史
2)名発工場建設・配置図
3)三菱製作空冷発動機一覧表
岡康之
展示エンジンの調査
(その1 殉国七士廟・B-29)
1)日米合同調査
2)米国への照会
3)国産エンジンの調査
4)三菱A18Aとの比較
Brian Cody & 岡田邦雄
展示エンジンの調査
(その2 比島観音・零戦)
1)日米の空冷星型エンジン調査
2)現 地 調 査
岡康之、林弥一郎
角間洋二郎
三菱重工訪問
1)名誘ギャラリー
2)名航史料室
日米・電縁合同調査チーム
結 論
1)三菱A18Aとする理由
2)B-29エンジンでない理由
3)零戦エンジン”栄”でない理由
岡田邦雄
参考資料
謎解きに役立った情報(書籍)
同上
あとがき
1)三菱OBの思い
2)編集者の思い
林弥一郎
岡田邦雄
10
お知らせ
エンジン説明掲示板の修正
各慰霊の碑奉賛会
幡豆町観光案内図 殉国七士の墓 比島観音 三河湾展望 飛龍(キ67)

B29 & JA2TKO ホームページ **** *

ご意見・情報提供は  OR   『世直し掲示板』 へどうぞ!

Visitors Number
Since March 29. 1999