ブラックバス釣り春先のパターン

淀川ブラックバス釣りポイント 季節別釣りパターン春先

淀川ブラックバス釣りポイント、
季節別釣りパターン春先

春先のブラックバス釣りに於いては、寒い冬も過ぎていよいよブラックバスの一大イベントの産卵期に入ってきます。季節的には春先のブラックバス釣りですが、2月中旬~くらいがこの産卵期に当たると考えていいと思います。幅は大きくなりますが一般的にはゴールデンウィークまでがスポーニング期だと言われていますがビックバスを狙うには2月中旬から3月初旬までを狙う方がデカバスに遭遇する可能性が高いと思います。

ブラックバスを釣る上での場所選択では水深は3m以下の底がドロとかではなくて、石ころの多い場所または岩盤の場所を探す。淀川の場合は浅場でドロの場所は少なく水深の浅い場所で流れの緩やかな所を見つければほぼ産卵の場所として攻めることが出来ると思います。

また産卵前ではミノープラグとかワームのライトリグを中心に攻めるのがベストな選択だと思います。産卵前の行動パターンとしてスポーニングベッド(産卵床)を探すために一番いい場所を求めてウロウロしだし始めますので、その周遊のパターンを掴んでジャッカル・ソウルシャッド・58SP とかを佇ませる形で探っていけばビッグバスを釣ることも可能だと思います。

私はお勧めはしませんが、スポーニングの真っ最中はブラックバスは卵を守るためにベッドに張り付いていますので、ベッドの付近にラバージグを落とし込んでバスが追い払う事による口を使わせて釣る方法も有りますが、この場合釣ったバスは2度とそのベッドには戻ってきません。本能なのかな?良く分かりませんが戻ってこない習性があるようです。

産卵後の釣りに関しては一転してエバーグリーン・Dゾーン の様なスピナーベイトとかバイブレーション で攻めるのが良いと思います。産卵後は空腹を満たすために率先して捕食しようとしますので、鼻先に通るルアー等が非常に効果があると思います。

また基本的にブラックバスの産卵期の釣りに於いては、浅瀬の非常に水の綺麗な所で産卵しますのでスポーニングベッドがあれば目視で見つけることが出来ます。ただの目視だけでは陽射しが邪魔ですので偏光サングラス 等をかけると抜群に良く見えます。今では形も色も豊富に揃っておしゃれな偏光サングラスもありますので、ブラックバス釣りの必需品として装備しましょう。

春先の産卵期(スポーニング)のブラックバス釣りに於いては、浅瀬を重点的に攻めればブラックバスを釣り上げることが出来ると思います。

やはり場所としましては、オカムラワンドが第一の候補に挙がると思います。次点としては東淀川区大桐~大道地域のテトラ帯の上流側の浅瀬なんかも絶好の狙い目だと思います。

春先辺りから陽射しもきつくなり水面がギラ付き始めますのでダイワ(Daiwa) ポリカーボネイト 変色調光偏光グラス DN-4022H グレー(シルバー) 886130 等でギラつきと紫外線から目を守りましょう。

春先及びスポーニング期の定番のハードルアーOSP 阿修羅 925SP でブラックバスの目の前に止めるもよし、トゥイッチングもよしの定番ルアーは持っておきたいところです。

おかっぱりのタックル持ち運びに便利で、しかもベルトのつけ方でヒップバッグにもショルダーにもどちらでも使えるエバーグリーン(EVERGREEN) ヒップ&ショルダーバッグHD カモ サイドの小さなポーチは取り外しが自由に出来ますので必要に応じて変えれるのが便利です。

淀川下流域ブラックバス釣りポイントマップ
オカムラワンド 鳥飼大橋下流域 神崎川合流水門地域 大道~大桐地域 豊里大橋上流域

淀川ブラックバス釣りページに戻る