ブラックバス初夏の釣りパターン

淀川ブラックバス釣りポイント 季節別釣りパターン初夏

淀川ブラックバス釣りポイント、
季節別釣りパターン初夏

スポーニングの時期も終わりブラックバスは基本的に夏のエリアへと移動を始めます。つまりスポーニングのエリアから離れ少し沖目のストラクチャー(障害物)を目指すようになります。

淀川の場合はワンドから出て流心に近づいて行くようになりますが、まだまだ水温は上がっておらず夏特有のシェード(影)に隠れるまでは行かずにワンドの出口付近のテトラポット等のストラクチャーの周りをウロウロとしている時期になります。

この時期のブラックバスの状態はスポーニングも終わり積極的に捕食をしていく時期になりますので、ベイトフィッシュのスクールに付いてウロウロするか、居心地のいいストラクチャーに付いて休んでいるかのどちらかになります。

初夏の場合は、梅雨時でもありますのでその日の天候によってブラックバスの居場所もガラリと変わるのが特徴です。そのなかでも時期的には餌を獲りたくて仕方が無い時期でもありますので、ブラックバスを釣る上では非常に釣りやすい時期でもあり、ブラックバス釣りの中でも特にトッププラグに反応し易い時期ですのでトッププラグで攻めて攻めて攻めまくって釣り上げるのもこの時期の楽しみです。

基本的には淀川であれば、テトラの際や馬の背など水が当たる場所で影も出来る場所にブラックバスは付いていることが多いですからスピナーベイトやバイブレーション等巻物系で探って反応が有るけれどもルアーに乗ってこない時やバスがルアーを追っているのは見えるけれども咥えない等の場合は、ラバージグやジグヘッドリグのフォローを入れると確実にバスをゲットできると思います。

なかでもラバージグは、見た目のボリュームも有りお腹が空いたブラックバスにとっては美味しく見えてパクリと来るとも多いです。ラバージグのトレーラーは比較的ボリュームの有るデプス デスアダーグラブ ツインテール は、ツインテールが発するアピール力は淀川で無くてもどこのフィールドでも効果抜群です。

この時期でのお勧めポイントはオカムラワンドのワンド出口付近のテトラポットの周りとか、東淀川区大桐~大道地域の本流にテトラポットがたくさん並べて有りますのでそのテトラ周りもお勧めです。

夏場のブラックバス釣りのトップと言えばMegabass/メガバス DOG-X Jr./ドッグX ジュニア COAYU/コアユ 【2】 !メガバスのDOG-XJrは、トップの中でも簡単に操作できるトッププラグだと思います。またこのルアーに対しては、トップ専用ロッドのメガバス(Megabass) Pagani AIR BAMBOO F0-61PB が非常にお勧めです。その名の通りの竹竿をイメージして作られた専用設計でしなやかに曲がり飛距離を伸ばす抜群のトップロッドです。

陽射しを和らげる帽子 はブラックバス釣りでは必須です。

おかっぱりのタックル持ち運びに便利で、しかもベルトのつけ方でヒップバッグにもショルダーにもどちらでも使えるエバーグリーン(EVERGREEN) ヒップ&ショルダーバッグHD カモ サイドの小さなポーチは取り外しが自由に出来ますので必要に応じて変えれるのが便利です。

陽射しのきつい日には、水面がギラついてテトラや駆け上がり等水中の障害物が見難いので偏光サングラス で水中までクッキリ見えます。また紫外線も防げます。

夏場など汗のかく季節には水分補給が大事です。ボトルムーバー なら腰やバッグに吊るせますので持ち運びも便利で直ぐに飲めるのでお勧めです。

淀川下流域ブラックバス釣りポイントマップ
オカムラワンド 鳥飼大橋下流域 神崎川合流水門地域 大道~大桐地域 豊里大橋上流域

メガバス(Megabass) Pagani AIR BAMBOO F0-61PB

メガバス(Megabass) DOG-X Jr COAYU HT OBB

デプス デスグラブ Wテール 4.5インチ #28 スカッパノン

ダイワ (DAIWA) フレックスフィット・六方型キャップ DC-7301 [パープル/フリーサイズ]

バーテックス(VERTEX) ボトルムーバー 青 NPT-1

淀川ブラックバス釣りページに戻る