ブラックバス釣りルアー別『テキサスリグ』編

淀川ブラックバス釣りポイント 爆釣ソフトルアーテキサスリグパターン

淀川ブラックバス釣りポイント、
ルアー別爆釣『テキサスリグ』編

テキサスリグの利点は、まずは底を確実に捉えられると言う事に尽きると思います。ラバージグと同じようなブッシュを攻めるルアーだと思われる方も居られるかと思いますが、一番の利点である底を捉えるルアーであるといえます。

また、すり抜け効果が、ずば抜けて良いので、ウィード(水草)が覆っているような場所でのウィードの中までルアーを持っていけると言う利点もあります。

このテキサスリグのセッティングですが、基本的にはワームの前にバレットシンカーを装着するだけの簡単なお仕事です。このバレットシンカーも固定する方法と固定しない方法と2通り有りますが、これは使用目的によって使い分けてください。

まずバレットシンカーを固定しない場合ですが、何も無いところで底を探りたい場合には固定しないでテキサスリグを使ったほうがいいと思います。この場合シンカーが着底してからワームがカーブフォールをしていくのを待って少しラインを巻いてシンカーにワームが付いた状態で少し底をズル引きし障害物に当たるところでは、すこし待機しその障害物を乗り越えたら少し待つといった感じで操作すればいいと思います。こうする事によって底の状況などを確認できて、底の変化の場所を覚えてフォローリグのダウンショットリグ等を後で攻めるのもブラックバスを釣る近道だと思います。

続いてシンカーを固定する場合のテキサスリグですが、これはウィード等の中まで落とし込みたい場合や溶岩帯や岩場等を攻める場合はシンカーを固定した方がいいと思います。ウィード等の場合シンカーだけ落ちてしまってルアーはウィードの上に乗っている状態と言うなんともお粗末な状況になってしまいますので、こういう状況下ではシンカーを固定した方が絶対にいいと思います。

でかバスは、ウィードの中に潜り込んでいたり、ウィードの切れ目等に潜んで居たりしますのでブラックバスを釣るには、ウィードに潜り込ませる様なリグとルアーが必要になってきますのでテキサスリグが非常に有効になってきます。

それとテキサスリグの場合は、分かっているとは思いますが、必ずオフセットフックを使用するようにしましょう。折角のすり抜け効果抜群のテキサスリグの利点を損ねてしまいますから。

またラバージグと同じようなブッシュ周りを攻める場合もテキサスリグのシンカーは固定した方がいいでしょう。固定していないと、ブッシュ等々障害物を越えてシンカーが落ちたのに、ルアーは手前側に落ちたとか大変な状況になる恐れも有りますので、ラバージグと同じようなブッシュ周りを攻める場合はシンカーは固定する事をお勧めします。

テキサスリグの操作の仕方ですが、底を探る場合は、ズル引きで竿を動かして底の状況を手元で感じましょう。決してリールを巻いて探らないようにしましょう。

ヘビーカバーを攻める場合は、着水から底まで注視!底まで着いたら糸ふけを取る。少しだけズル引き。少し待って回収。次々とポイント移動。

タックルに関してですが、テキサスリグの場合は、ある程度張りも必要ですが、先調子のミディアムヘビークラスの竿が良いかもしれません。ラバージグの様なヘビータックルまでは要らないと思います。ルアーは定番?のパワーホッグですw。

テキサスリグの定番のリザードシリーズからBerkley(バークレー) パワーホッグ3インチ ウォーターメロンレッドグリッター MPH3-WRG は、アピール度も抜群で扱いやすいルアーでありまたラバージグのトレーラーとしても活躍します。

テキサスリグのシンカーとして一般的なバレット型のダイワ バサーズワームシンカーTG バレット・タングステン は、材質がタングステンで重さの割りに小さく出来てますので、ブッシュの奥にぶち込みたい場合に活躍します。

テキサスリグのルアーとシンカーとを固定するザップ ザ・ストッパー極・シンカーストッパー

淀川下流域ブラックバス釣りポイントマップ
オカムラワンド 鳥飼大橋下流域 神崎川合流水門地域 大道~大桐地域 豊里大橋上流域

Berkley(バークレー) パワーバルキーホッグ3インチ グリーンパンプキンチャートリュース MPBH3-GPCH

Feco認定商品 カハラジャパン(KAHARA JAPAN) シンカーストッパー S

ダイワ バサーズワームシンカーTG バレット 1/2oz(約14g)

メガバス デストロイヤー フェイズ3 F5-611X ベアリングダウン

ダイワ(Daiwa) TDジリオン 100HL

サンライン(SUNLINE) FC スナイパー 150m 12lb/3号

淀川ブラックバス釣りページに戻る