ブラックバス釣りルアー別『トップウォータープラグ』編

淀川ブラックバス釣りポイント 爆釣ハードルアートップウォーターパターン

淀川ブラックバス釣りポイント、
ルアー別爆釣『トップウォータープラグ』編

トップウォーターでの釣りの醍醐味はなんといっても、ブラックバスが水面を割って出てくるところが見える所が一番の醍醐味なんではないでしょうか?水面下からブラックバスがトッププラグを目掛けて飛び出てくるのを一度体験してしまうと一年を通して誰が何を言おうと俺はトップしか投げないと言う生粋のトッパー(こんな呼び方が有るかは知りませんw)も存在しているほどです。

一概にトップウォーターのブラックバス釣りと言っても細かく分けると相当な種類があります。大まかなもの代表的なものを書いていきたいと思います。

もっとも一般的なペンシルタイプ

ペンシルタイプのプラグは、トップウォーターでもルアーとしてはほぼ全員持っているといっても過言ではないほどのハードルアーです。なかでも代表的なものは、永遠の四番打者HEDDON(ヘドン) ルアー スウェイバック ザラスプーク X9251CARP は復刻版です。多分オリジナルは日本では手に入りにくいのかな?この復刻版もいつ無くなるやら・・・、ザラと全く真逆なラッキークラフト サミーシリーズではないでしょうか。これが何故真逆かと言いますと、動きが似て非なるものだからです。一見して動いている所だけを見てみるとほぼ同じに見えますが、ザラの場合は動いている時も止まっている時も水面に平行に浮いているのが特徴ですが、サミーの場合は、動いている時は、ほぼ水平で止まっている時はほぼ垂直に立って止まります。この違いはかなり大きいと思います。大まかな違いはザラは引き波を作り続ける感じですが、サミーの場合はターンの時と動かす最初のアクション時に小さいですがスプラッシュ(水しぶき)を上げます。

ペンシルタイプの動かし方は、少し練習が必要かもしれません。最初はなかなかクネクネと動いてくれ無いかもしれませんが、練習をすれば何とかなります。まず投げる、波紋が消えるのを待つ、竿先をチョンと動かすとクネっと動きます、竿先をを戻す時にラインを巻きます、もう一度チョンと引きます、再度クネっと動きます、この段階で一連の動きの1ターンだと思ってもらっても構いません。このチョンチョンを繰り返すのですが、1ターンで一旦止める方法と止めないで繰り返して最後まで動かす方法が有りますが、最初は、1ターンまでの動きを出来るように練習すれば、自分で見ていても気持ちの良い感じになってくると思いますので頑張って練習してください。尚ロッド操作の時の竿先は出来るだけ水面に近い方がクネクネと動かしやすいと私個人的には思います。ロッドを下向き構えて叩く感じ?説明が難しいww

トップウォーターのロッドに関してですが、これもまた非常に取捨選択の余地が有ります。人によっては色々見解も違いますが、短めの胴調子の柔らかめのロッドや、先調子のロッドや、長めの胴調子のロッドで張りのあるものや、色々あって困りますが、使う場面やトップルアーの種類で選んでもいいと思います。フローター等に乗って行く場合は問答無用で短めの胴調子の柔らかいロッドがいいと思いますし、オカッパリ等で行く場合は長めの先調子のロッドでもいいと思います。私の場合はザラとかサミーをメインで投げますので6.6~7フィートの先調子のMHクラスのロッドを使います。

アピール度最大級のポッパータイプ

このポッパータイプのトップウォータープラグも持っている人は多いと思います。ポッパーとはなんぞや?ひたすら水しぶきを上げる演出をするトッププラグです。なのでアピール度は最大級だと思います。このポッパータイプのハードルアーには多種多様なものがあり、中には、え?マジ?とか言うルアーも有ります。コカコーラの缶をそのまま小さくした物とか色々ネタモノ的なルアーも有りますが、意外や意外、そのネタ物でもブラックバスが釣れちゃう所がポッパーの面白さ?かもしれません。動かし方は非常に簡単、投げて着水、波紋が消えるを待つ、少ししゃくる、ポッパーが水しぶきを上げる、波紋が消えるのを待つ、以下略という感じで動かしていきます。簡単でしょ?これで釣れちゃうから楽しいんですよね。

ポッパーの代表的存在のメガバス(Megabass) ルアー POP-X や、ネタモノでの存在感たっぷりな ビッグバドなんかを持っていると満足感もたっぷりです。ビッグバドは見た目に反して?結構釣れますマジで

トップルアーの中でも簡単操作なバズベイト

これもトップウォーターの部類です。操作に関しては最も簡単なバズベイトGary YAMAMOTO/ゲーリーヤマモト BUZZ BAIT/ジャンボバズ 1/4oz 、投げて着水と同時にひたすら引くだけこれでブラックバスが釣れちゃったりします。簡単!このバズベイトは、スローに引くことによってスーパーシャロー(水面直下)を水流を作りながらアピールできるルアーでもありかなり優秀だと思います。バズベイトも是非とも揃えておきたいルアーです。

ソフトルアーでトップ戦略

主にグラブ系のソフトルアーでひたすら巻くバズベイト的な使い方をする方法です、これなら一々バズベイトを持っていかなくても、グラブ系のルアーで対応可能なのでバズベイトよりも水流の作りは小さいですが、オカッパリ等持ち物が制限される場合では、有効手段だと思いますので是非これも活用してください。その中でもお勧めはノーシンカーに良し、ラバージグのトレーラーに良しのJACKALL(ジャッカル) ルアー アンモナイトシャッド 5.5インチ ウォーターメロンペッパー

トップウォーターのブラックバス釣りは非常に興奮する釣りで病みつきになる要素も沢山含んでおり楽しい釣り方ですので、一度お試しください。年がら年中トップを投げる生粋のトッパーに貴方もなりませんか?とかね・・・

淀川下流域ブラックバス釣りポイントマップ
オカムラワンド 鳥飼大橋下流域 神崎川合流水門地域 大道~大桐地域 豊里大橋上流域

HEDDON(ヘドン) ルアー スウェイバック ザラスプーク X9251CARP

メガバス(Megabass) ルアー POP-X GG バス

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) ジャンボバズ チャート 75-14-192

JACKALL(ジャッカル) ルアー アンモナイトシャッド 5.5インチ ウォーターメロンペッパー

メガバス(Megabass) Pagani AIR BAMBOO F0-61PB

トップウォーターロッド大全―バス釣りの楽しさを演出してくれるロッドが目白押し (エイムック (850))

ダイワ(Daiwa) STZ 701HMHXBーXTQ※

淀川ブラックバス釣りページに戻る